東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. その仕事は「やるべきものか」と問われた出来事
 

その仕事は「やるべきものか」と問われた出来事

2021/12/25 その仕事は「やるべきものか」と問われた出来事

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

今月に入ってから「星読み&ガイドアドバイス」をお申し込みくださる方や、在処塾生さんのフォローアップをしていて感じるのは、皆さん「お仕事」についてもう一度考えましょう!と問われる出来事が起こりやすくなっているということ。

 

お仕事といっても会社に属して労働者として働くということもありますが、役割(母や娘、姉など)としてもお仕事もありますからそれも含まれているとは思います。

 

それは私にもおきました。

先日インフルエンザのワクチンを接種するため以前働いていたクリニックを受診した時のこと、辞める看護師さんがいるとのことで週に2日働きませんかとリクルートされました。

先生からは

「おこづかい稼ぎになるよ〜」とも言われました。

 

長くお世話になった病院ですし、看護師不足で困っていることは伝わってきたので「私でよかったらお手伝いしようかな」とも思いました。

それでもモヤっとしたんですよね。

 

それはなぜか。

 

看護師を辞めた時、私は自分の体験から、悩みに振り回されて苦しいと感じている人たちに、自分で悩みを解消する方法を伝えたいと在処の仕事に集中することを選択しました。これは私自身が最もやりたいと思ったことですし、やりがいもあれば喜びも多くあります。

在処の仕事で充分なのに、今看護師の仕事をする意味は私にとって何があるのかを考えました。

確かに看護師の仕事は大好きです。労働の対価もいただけます。仮に土曜の午前中だけ働いたとして4,000円ほど。1ヶ月16,000円になります。確かにお小遣いにはなるでしょう。ただし土曜の午前中、時間と場所に拘束されてこの金額は私にとって妥当だろうか。私のセッションは一番お手軽なもので1時間8,500円。お二人セッションすれば看護師として働く金額をこえます。現在の私の労働の対価は、看護師である私の対価より高価であるのです。

私は自分の価値を看護師である自分の価値より高く見積もっていて、すでに労働者として時間と場所を限定された働くことに心地よさをあまり持てないことに気がつきました。「あ〜、もう戻れないな〜」モヤついた原因はここにあったということです。

 

そして「あなたが必要」と人に求められたことが、私の自尊心をくすぐりました。いい人でいたいし、嫌われたくない。人に必要だと思われることは誰もが求めることでしょう。それは私も例外ではありません。しかし本当にそれは、私でなければならないのか?

看護師は私以外にもいますし、私より素晴らしい仕事ができる、健康な人はいるでしょう。しかし在処で私が担う役割は、私にしかできません。私の体験や経験、知恵をお伝えする仕事だからです。

結局、リクルートされたこの仕事はお断りすることにしました。そしてつくづくもうサラリーマンには戻れないなぁと思いました。

 

いまお仕事に悩みがあったり、これでいいのかと思っている人は「仕事」の選び方、とらえかたがズレているのかもしれません。

これについては、次のブログでお話しします。