東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. 芸能界の闇はこうしてつくられる
 

芸能界の闇はこうしてつくられる

2021/12/19 芸能界の闇はこうしてつくられる

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

日曜の午前中は朝ごはんを食べながら、あまり見ないテレビ番組を主人が駄々流ししているので見ていました。

 

そこで韓国のアイドル?になるためのオーデション番組見たいのをやっていて、それにチャレンジしている女の子たちに

「もう泣くのはやめよう。がんばって嬉しかったときに泣くことにしよう。つらくても泣かない。もっと前向きにいこう!」

ってコーチなのかな?指導している人が言っていて、

「彼女たちにはもっと強くなってほしい。簡単に泣いてしまうのではなく、そこを我慢してしっかりしてほしい」とか言っていて、私は???と思った。

 

こんなだから、芸能界の人たちはメンタル崩しやすいのではないかしら。

 

感情は感じるもの。泣くという行為は悲しかったり、感動したり、嬉しかったり、感情に伴う反応です。

夢や希望を叶えるために、自分の感情をコントロール術を教えずに、抑制する(蓋をする)ことだけを教えるなんてとても危険なことです。

感情は感じていいんです、それを我慢させるなんてしてはいけません。なぜなら自分に嘘をつくことになるからです。それを続けていたら、自分がわからなくなってしまう。その先にあるものは、他人軸になって人の言いなりになったり依存するようになるか、自分がこうでいたいというキャラクターを演じるようになるかです。

間違いなく、自分不在になってしまいます。

 

泣いてもいいんです。要は環境を選べばいいわけで、レッスン中には泣くことを我慢したとしても、家に帰ってからとかトイレに行くとかしてそこで泣く。

感情をコントロールするということは抑制であって、我慢することだったり泣いてはいけないということではありません。黒か白、ゼロか百な考え方や指導は人を壊してしまうかもしれない危険を孕んでいます。

 

芸能界にはまだまだ気合と根性論がはびこっていて、だから闇堕ちしてしまう人がいるのかもしれません。これは私たちの日常にもまだまだ残る考え方で、それを当然のように振り回す人もいます。少しでも不愉快だったり、不安を感じるならそういう考えや人からは距離を取るようにしましょう。

自分の心は自分で守らねければなりません。