東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. ヘンな時間の電話は緊急事態
 

ヘンな時間の電話は緊急事態

2021/09/13 ヘンな時間の電話は緊急事態
みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

昨晩実家の近くに住んでいる妹から夜中に急な電話。

こういう時はだいたいいいことじゃない。

予感は的中。

母が倒れて嘔吐したと。

今救急車を呼んで搬送されるとのこと。

意識はあるようだし、麻痺や失語もないようなので私も急には動かず診察の結果を聞いてから帰省するか考えることに。

 

とりあえず主人もわたしもワクチンは2回打ったし、緊急事態宣言でもとりあえずは動ける算段はできる。

0時を過ぎて妹からメッセージがあり、どうやら食中毒らしいとのこと。

食中毒??

だから嘔吐したのか・・・

 

母は今までに2回簡単にいうとおなかを壊して入院したことがあります。一度はO-157疑いだったこともありました。

お恥ずかしいのですが、今回は3、4日前の粕汁を何度も温め直して毎日食べていたらしく、それがあったたらしい。弟にもそれを食べさせようとしたらしく、彼はそれは悪くなっているから食べちゃダメだ、と言ったらしいのですが、認知症のせいでしょうか、もったいないと言って彼のみていないところで食べてしまったらしいのです。

まだ動けるので、全てを見張っているわけにもいきません。難しい問題です。

 

以前は熟れ過ぎたメロンや冷蔵庫のいつからあったかわからない常備菜を食べて、入院になったことがあるのですが、とにかく彼女はごはんはしっかり食べるタイプ。

私よりも飲んでいる薬も少ないし、それで食事はちゃんとするので、身体は丈夫なんです。でも悪くなっているものを食べるなんて、本能もだいぶ低下してきているんでしょうか。

 

認知症になると、色々なことが起こります。

事故や誰かを巻き込んだりしないでいてくれるといいのですが。