東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 「占い」を信じるか「占い師」を信じるか
 

「占い」を信じるか「占い師」を信じるか

2021/09/01 「占い」を信じるか「占い師」を信じるか
みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

私の個人サイトではタロットリーディングのメニューがありますが

いきなりセッションではハードルが高い方がお申し込みされます。

 

タロットリーディングですから、やっていることは占い。

占いは当たらなくては意味がありません。

占い好きの方はご自分のお気に入りの占術があると思いますが

人気があるのは「霊感占い」というもの。

 

以前電話占いのサイトで占い師をしていたときは、「霊感」とつけるだけでアクセスが爆上がりしました。サイトでも「霊感が使えるなら売りにできます」と言われました。でもタロットは別に霊感なんて必要なくて、純粋にカードを客観的に読むことができれば誰でもできるものです。私もスピリチュアルは使いません。

 

最近はタロットの依頼をいただいて、ご相談内容をみただけでどう答えるかわかるようになってきてしまいました。これはたくさんのお悩みやご相談にたくさん答えてきた経験値が、私の直感をあげているからだと思います。これを霊感と言うかといえばそうではありません。私の人生経験の積み重ねのおかげだと思います。

よく、「なんでわかるんですか?」と言われますが、よく観察して考えたら大体のことはわかります。人生経験が直感とカウンセリング力をあげているんですよ。

 

占い好きの人は、本当に占いが好きなのでしょうか?

占いが好きな人は占術や技術に興味が向いて、自分が占いをやるようになるような気がします。

そうではなくて、誰かに占って欲しい、悩みをなんとかしたいと占いを頼む人は、話を聞いて欲しかったり、自分の決断の背中を押して欲しかったりするのではないでしょうか。

要は「占い」ではなく「占い師」を信じているのです。

 

占い師が人格を兼ね備えていて、カウンセラーの資質を持っていなければ占いに来た人の手助けはできません。現代の多くの人は、考えることが苦手です。自分が何を望んでいるのか、どうしたらこの難局を乗り切れるのかと自分自身で答えを出すことが苦手な人がおおいと感じています。時代のスピード感のせいか、情報の多さに翻弄されているのかは定かではありませんが、立ち止まったらだめ、失敗したら終わり、なんて思っている人が増えています。

 

そんなことはありません。

 

成功したり、当たりを引き続ける人生なんて、そっちのほうがありえないし、失敗をハズレをどうリカバーして人生を面白くするかという考え方のレパートリーを増やしていくのが人生の醍醐味です。

 

占いは楽しいですから、どんどんやったらいいと思います。

でも「占い」にも「占い師」にも振り回されてはいけません。

あくまでもアドバイスであり、決めるのはあなた自身です。

信じるべきは、あなた自身の理と自分軸ですよ。

 

 

オススメの講座

 

感情とコントロールドラマ講座

2021年9月11日(土)11:00〜13:00

 

オンライン開催です

 

 

9月2日開催の「在処座談会」はエントリー終了いたしました。
また次回をお待ちください。