東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. あなたは誰と一緒にいたいのか?を問うパンデミック
 

あなたは誰と一緒にいたいのか?を問うパンデミック

2021/08/09 あなたは誰と一緒にいたいのか?を問うパンデミック

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

ワクチン接種2回目終了!

 

ファイザー製のワクチン、2回目接種しました。

1回目と同じでうった左手が重く、筋肉痛様の痛みがありますが発熱はありません。

これで2週間経てば免疫を獲得できますよ。

 

息子は二人とも大学の職域接種でモデルナのワクチンを打ちましたが、二人とも接種後38.0度くらいの発熱があって、ユウさんは1週間ほど微熱が出て、バイトを休んだりしました。ファーザーよりモデルナの方が発熱率は高いようです。あと若い人ほど副反応は出やすいですね。

 

これからワクチンを摂取される方は打ったらもう大丈夫なわけではありません。2回接種してから2週間経たないと、しっかりとした免疫は備わりませんから気をつけてくださいね。

各自治体ではワクチンが足りないなどの理由で、ワクチンを打ちたくても難しいということもあるようです。

職域接種ができる方は、ぜひ受けてください。

 

日経の記事からの引用ですが接種完了した人で

感染した人は0.09%

重症は0.01%

死者は0.001%

なので、ワクチンは打ちましょうね。

 

 

あと、ワクチンを打たない選択をしたひとは、公衆衛生的に公共の福祉に反していることだけは自覚して、密を避け、マスクをして、外出を避けて人とあまり接触しないほうが良いでしょう。私たちは核や国家の陰謀で滅亡するのではなく、おそらく感染症で死ぬのだと思います。その危険が今は目の前にあって、自分や家族を守る方法があるにもかかわらずそれを選択しないのですから基本の防衛は欠かさないようにしてください。

そしてワクチンを打つ選択をした人の邪魔はしないでくださいね。

 

自分の選択を尊重したいなら、相手の主張も尊重しましょう。

これが自由主義です。

 

 

デルタ株(ついにラムダ株も出てきてしまいましたが)心配ですから、今までの基本「手洗い・マスク・密を避ける」そして今こそ外出はできるだけしないほうが良いかと思います。デルタ株はすれ違っただけでも感染すると言われています。そして高齢者のワクチン接種が進んだおかげで、今やワクチン未接種の若い世代に感染が広がってしまっています。病床はほとんどが20代から40代だとか。

ワクチンの副反応が怖いという意見がありますが、コロナに感染したほうがつらいですしひどい思いをします。うまく治ればいいですが、肺に大きなダメージを受けたり、匂いや味がわからないなどの後遺症は、治療をしても治るのに時間がかかったり、中には治らないこともあります(元通りにならないということ)。

 

 

味覚をなくした体験

 

私は脳の手術をした時に、喘息の治療としてステロイドの点滴をしたのですがその副作用で味覚や嗅覚がおかしくなった経験があります。

全ての食べ物、飲み物、水すらも全てが同じ味(甘い)になりました。あの時はとても苦しくて、生活の中で食事がこんなにも気持ちの面で大切だとは、その時まで考えても見ませんでした。

甘さから逃れたくて梅干しとかもずく酢とか刺激が強めの食べ物を食べたりしましたが、やっぱりどれも同じ味しかしません。

 

最終的に治療から3日くらいして、コンビニのたまごサンドと肉まんとチーズかまぼこを食べたらやっと塩っけが感じられて本当にホッとしました。

 

「常はない」といつも言っていますが、当たり前だと思っていることがある時ひっくりかえされるこはままあります。そんな時に「あの頃はよかった」と過去を振り返ったところで、そこに戻れるはずはありません。もうコロナ以前の世界には戻れないのです。

それなら「これからどうしていくか」を思い変えを駆使してやっていきましょう。

私たちはあたらしい世界や時代に生きていくのです。それは誰と一緒にいるのか?と問われているのだと思います。自分が選び選ばれた人としか一緒にいることはできない。それ以外の人とは距離をとり、マスクや壁、画面越しでしか合い見えることができないのです。

 

あなたの選択はどうなっていくのでしょう。