東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 現金書留 一千円の怪
 

現金書留 一千円の怪

2021/03/26 現金書留 一千円の怪

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

ユウさんが大学4年生になるので

就活の真っ最中なのです。

 

就活には色々書類がいるのですが

今回短大の成績証明書が必要とかで

北海道の短大に申し込んだところ

現金書留で証明書代金を送れとのこと。

返信用封筒もつけてとか指示があって

まぁやったことがないから、郵便局へ行って直に指南。

 

ユウさん まず返信用封筒の書き方を知らない。

彼らの年代じゃ、郵便なんてほとんど出さないから当たり前と言えば当たり前。

しかし!ここはもうオトナなので、字はこの大きさで。段落代えて。自分の名前の下に「行」って書く。切手は不足のないように。

 

現金書留の封筒を買って、また書き方や封の仕方を教えて窓口で

お姉さん「1000円です」

・・・

はい??

 

300円の現金送るのに、センエン・・・

 

北海道だから仕方がないのか・・

あきらめつつ、コレも勉強代じゃ、とお支払い。

お姉さんも申し訳なさそうにしている。

 

今時振り込みとかないんですか。

振り込み手数料だって、1,000円にはなんないでしょうよ。

なんで現金書留なのよ。

よくわかんない。

たまにこういう、わけわかんないしょうもないアナログな手続きってありますよね。

残念だわ。

 

それで思い出した。

私は小学校3年くらいから家事を色々やっていた。

母が夜勤をする看護師だったからだが、銀行振り込みの仕方、ATMの使い方。

買い物、ごはん作り、などなど様々なことを全てやったが、母から教えてもらった記憶がない。

あまりに忙しそうで、疲れている母に聞けなかったのだが、不愉快になってほしくなかったし、分からないなんて言うことができなかった。

「梅雨子ちゃんならできるでしょ」

と言われてしまうと、できないなんて言えなかった。

 

おかげで他の人に聞いたり、調べたりして、食事なんて学校の家庭科の教科書を見ながらつくったりした。

その記憶があるからか、息子たちにはことあるごとに色々教えている。

うんちくのように聞こえて、彼らは面倒だと思うこともあるとは思うが、私にわかることは伝えないとと思う私がいる。私は母のようになりたくないのだ。お母さんには聞いてはいけないなんて思われることがないようにしたいと思っているのだと思う。

あの頃の私が母には聞けず、先生や他の大人に聞くようなそんな悲しくて寂しい思いをして欲しくないと考えているのかな。

ホント、私の母は反面教師だ。

 

 

オススメの講座

 

まずは近々の講座のご案内。

ここ最近はコロナで様々なことを制限されて

ストレスを多く感じている人が多い印象です。

以前は癒しやストレス要因から離れるようなことでなんとかしょうとしていたかも知れませんが、それは一時しのぎでしかありません。

今やこの状況を少しでも良く変化させるためには

心を調える(ととのえる)しかありません。

 

そのきっかけを掴む講座を開催します。

ぜひおいでくださいね。

 

3月29日(月)11:00〜17:00

 

 

在処塾にご興味のある方は

まずは在処のセミナー・講座に参加していただいてから

体験会をお申し込みください。

在処塾は人を選びます。向き不向きがあるからです。

その代わり必要な人にはスムーズに門戸が開きます。