東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. お彼岸ですよ お墓参りに行きましょう
 

お彼岸ですよ お墓参りに行きましょう

2021/03/20 お彼岸ですよ お墓参りに行きましょう

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

まずは近々の講座のご案内。

ここ最近はコロナで様々なことを制限されて

ストレスを多く感じている人が多い印象です。

以前は癒しやストレス要因から離れるようなことでなんとかしょうとしていたかも知れませんが、それは一時しのぎでしかありません。

今やこの状況を少しでも良く変化させるためには

心を調える(ととのえる)しかありません。

 

そのきっかけを掴む講座を開催します。

ぜひおいでくださいね。

 

3月29日(月)11:00〜17:00

 

 

 

 

 

お墓参りの意味を知っていますか

 

小雨の降るなか、お墓参りに行ってきました。

お寺につくと、お参りの方々が続々といらしてました。

緊急事態宣言中ですけれど、お墓で密はなさそうです。

 

雑草を抜いていたら、義母が生前に植えていた水仙が蕾を持っていて

「あげたお花が枯れても、植っている花が咲いてくれたら」と言っていたなぁと思い出したりしました。

 

お彼岸は先祖供養とともに

「波羅蜜(はらみつ)」と呼ばれる六つの行いをするといいと言われています。

波羅蜜は六つあるので、これを六波羅蜜と言うのです。

 

【六波羅蜜】

・布施 ふせ(分かち合う歓びを知る)

・持戒 じかい(良い習慣を心がける)

・忍辱 にんにく(辛抱強く取り組む)

・精進 しょうじん(毎日をしっかり生きる)

・禅定 ぜんじょう(集中し心穏やかに過ごす)

・智慧 ちえ(物事を深く理解する)

 

わかりやすく説明するとこんな感じなのですが

お彼岸だからやる!と言うことではなく

私たちは凡夫(修行するもの)ですから

普段からやれるといいですね。

 

先祖供養は私たちのためにやるのではなく

死後の世界で仏になるための修行をしている亡くなった方を応援するためにするものだそうです。

お墓や仏壇で手を合わせる時には、ご先祖さまへの感謝とともに応援を忘れないでいただけたらと思います。