東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. 商品やサービスの値段は思いやりのカタチ
 

商品やサービスの値段は思いやりのカタチ

2021/02/28 商品やサービスの値段は思いやりのカタチ

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

商品やサービスに値段をつけなくていけなくなったとき、いくらにしようか悩みませんでしたか?

他の商品やサービスをリサーチしたりしても、これでいいのか?と悩んで自信が無くなったりしたことを思い出します。

今は自分のサービスに対して自信もありますし、クライアントの反応もわかっているので値段も大体このくらいだな、とわかるようになってきました。

 

よく「お気持ちで」とか言われると本当に困りますよね。いくらですってはっきりと言われれば、受け取る側もその商品やサービスに見合うなら払うし、そうでないなら払わないということがすぐ判断できます。

「私のこのサービスにあなたならいくら払いますか?」ってどんだけ自分勝手で自己中なんだ?って思います。自信があるのか、思い上がっているのかもしれませんね。自分のサービスや商品の対価を、人任せにして相手に考えさせるなんて。サービスを受ける側に失礼ですよね。

 

自分のサービスに対してちゃんと対価を値段として開示することは、それを受け取る相手に対しても判断材料としての情報を渡すことになるわけですから、それも一つの思いやりだと思うのです。

 

対価の査定は難しい。

それでも自分の商品ならちゃんと責任を持って値段をつける必要があります。

そしてお金もエネルギーですから、そのエネルギーに見合うものを提供できなければなりません。自分のやることに責任を持つとはそういうことです。人のせいにしているうちは趣味かアマチュアですから、人からお金を取るなんていうことはやらないに越したことはありません。エネルギーに見合ったものが提供できなければ、徳での相殺が起きるわけですから、自分の計り知れないところでいいことも悪いことも起こることになりかねませんから、気をつけなければなりません。

 

 

おすすめイベントは

 

2021年3月13日(土) 11:00〜13:00

 

人間関係がつらいと感じてしまっている皆さんは

娑婆のドラマをやっているか巻き込まれているかしています

その事実を知ってうまく人と付き合っていきましょう

 

あと残1席になりました