東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 自分の幸せのその先に
 

自分の幸せのその先に

2021/02/07 自分の幸せのその先に

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

 

暖かな春の一日であったようですが

私は在処塾生のセッションで、部屋におこもりの一日でした。

 

週末おこもりしていると、主人がお買い物に行ってくれるのでとても助かります。

東京は緊急事態宣言が延長されて、お買い物も一人できてくださいな対応のお店も多いのです。

最近のお気に入りスーパー「ヤオコウ」さんで、厚焼き卵と鯖寿司を買ってきてくれていたので、お夕食はそれを美味しくいただきました。

 

息子達を年子で産んで、しばらくは子育ても手伝ってくれる主人に「助かるわ〜」なんて思っていた私ですが、そのころは感謝というより私が楽できてラッキーくらいに思っていたと思います。もちろんそんな気持ちはちゃんと伝わるもので、息子達が小学校に入学する頃には主人とうまくいかないことが多くなり、私は彼に不満ばかり感じていました。

どうしてわかってくれないんだ

どうして先回りしてやってくれないんだ

なんで私ばっかり大変なの

 

こんな気持ちで日々を過ごして、イライラて、自分の思う通りにならないことを嘆いていました。

 

本当に、自分勝手だったと思います。

主人の気持ちを想像することもぜず、もちろん思いやりも持てず

「なんで私ばかり苦しいんだ」と被害者になりながら

こんな気持ちにさせたのはあなただ!あなたのせいだ!と主人を脅迫していました。

まさにコントロールドラマをやっていたのです。

 

そうしているうちに息子ふたりが不登校になりました。

 

なんでこうなったのか?私には原因も理由もわかりませんでした。

でも学校に行けず苦しんでいる息子を見て、なんとかしたいと思いました。

 

その時に、「人を変えることより、自分が変わってしまった方が早い。自分が変われば世界は変わる」という言葉を見つけて、本当に世界が変わるなら、私が変わって見せよう!と思い、行動することにしました。

もともと頭で考えることは得意でしたが、実際に行動にすることは頭でっかちな私にはとても難しく、いつも理由をこじつけてはやらない理由を探していましたが、子供達の苦しさを少しでも晴らしたくて、勇気を奮い起こして動き始めました。息子たちの苦しさを私は見ているだけで、なんの助けにもなれないことがこんなに苦しいこととは思わなかったのです。結局その時の私の動機は自分の苦しさをなんとかしたかっただけなのでしょう。きっかけはそこでしたが、最終的には大きな気づきを得ることになり、主人に頼って甘えて彼に自信を与えることや、そのおかげで夫婦の関係もそれぞれの役割をやり切ることでうまくいくようになりましたし、いいお母さんだと周りに認められたくてやっていた様々なことをやめて、子どもに集中するようになりました。ダメなお母さんになること。できないことはできないと言って子どもにも謝れるようになること。ぐうたらなお母さんでい続けた結果、彼らは自分でやらなければならないと気づき、自立する道を選んでくれましたし、私を助けてくれるようになりました。

 

私はできるようになることよりも、できない自分をやることで変わりました。

他にも多くの思考を変化させ、今までの自分の自分勝手なルールがいかに人を傷つけ、馬鹿にして魂の尊厳を踏み躙ってきたかを知りました。後悔しても仕切れないほどの罪です。過去は変えることができません。しかしこれからの生き方で、今後の人生は自分にとって後悔のない生き方はできるかもしれません。

 

自分が満足する生き方は本当に自分だけのものでしょうか。

私は自分だけが幸せを享受するのではなく、私の大好きな人たちもそうなってくれたらと思うのです。

 

自分を許し

だからこそ 他者を許し

自分の幸せのその先にあなたも、あなたもいてくれますように