東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. ウィズコロナで本気の思いやりを試されている
 

ウィズコロナで本気の思いやりを試されている

2021/01/25 ウィズコロナで本気の思いやりを試されている

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

関東や主要都市に緊急事態宣言が出て2週間が過ぎましたが、本日東京はやっと感染者が1000人を下回りました。やっとこさというところでしょうか。

 

昨年5月の時とは違って、オンラインで仕事ができるところもあるでしょうにちゃんと通勤していて、満員電車だし、学校は通学可だし、人の流れが止まったとは言い切れず、これではポーズにしか見えません。感染者を減らすにはとにかく人を動かさないことに限ります。だって、ウイルスは人に感染しなければ増えないし、動けないからです。宿主である人、そして人のDNA RNAがなければ増殖しません。体に入れないことが大切で、そのために「手洗い・マスク・密を避ける」がやるべきことです。

 

昨年はアフターコロナという言い方もありましたが、そうなるためにはもう少し時間がかかりそうです。私の予想ではアフターコロナを感じるのは2023年以降になるように思います。それまではウィズコロナですね。

 

やっとワクチンが確保できて、集団摂取が可能になるのに、ワクチンへの不安を煽るようなSNSやマスコミの情報にはこの世界を悪くしようとする意図があるのではないかと思わせられます。ワクチンは個人で打つことで感染しても重症化しないなどの利点もありますが、それよりも人口の3割強の人が摂取することでウイルスを押さえ込むことができます。小さくて見えないウイルスには、賢く大局を見ることができる人たちの社会や他人に対する思いやりと貢献の気持ちがなければ、このパンデミックを収束させることはできません。

 

感染症はしに直結することもありますし、感染し治癒しても後遺症で苦しむ可能性もあります。この不安の感覚が、余裕をなくして多くの人に自分のことしか考えられない、要はまわりの人や社会的な対局を見失わせる原因になっていることは確かなようです。

それでも私たちは本当の「思いやり」を試されています。

自分勝手に生きるのか?

自分軸で生きるのか?

 

自分勝手に思いやりはありませんが、自分軸には思いやりがあります。その思いやりはただ優しいのではなく、人にも自分にも厳しいことかもしれません。それでも、自分軸を選択して、あたらしい世界に、社会に貢献していきたいと私は思います。

 

 

 

おすすめイベントは

 

2021年2月12日(金) 11:00〜13:30

 

宇宙の元旦と言われる春分の日に合わせて

新しい一年の動向を掴んでください

残席3名様

別途オプションであなたのガイドからのメッセージが聞けますよ

 

 

占いではない、未来を読む知識を知りたいコアでマニアックな人へ