東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 若い頃と今との感覚の違い
 

若い頃と今との感覚の違い

2021/01/24 若い頃と今との感覚の違い

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

エヴァンゲリオンというアニメを知っていますか?

アニメ界では一大ブームを引き起こした作品であり、アニメ制作のあり方にもいい意味でも悪い意味でも変革をもたらした作品です。

 

以前は地上波で、今は映画の4部作の最終作品が完成して何もなければ2月に公開予定でしたが、コロナの非常事態宣言もあってまた公開が未定になりました。

 

私が子供の頃にリアル試聴していたアニメで、題材も思春期の少年少女が大人の思惑に振り回されながら、成長?というか自分と人との距離感に気づくというような内容。しかもオカルトや都市伝説的な要素もあって面白く、子供の頃はそれはそれは15歳の主人公たちに共感しながら見たものでした。

 

あれから30年以上が経ち、庵野監督の描きたいものの集大成がやっと完結するのは、作品として見てみたいとは思うものの、私自身随分と見方が変わってきていることは否めません。

子供の頃は主人公に共感できましたが、今やミサトやリツコの歳も超え、ゲンドウや冬月の気持ちの方がわかるし、しっくりくる始末。年齢的にも経験を重ねてしまうと、共感のあり方は変わってしまうものです。

 

むかし見た映画や、読んだ本を再度見返したりすると、以前は見えなかったり感じなかった部分が気になったり、新しい気づきがあったりすることがあります。それこそ、今まで生きてきた経験がちゃんと自分に反映されているということですし、今感じるそれが、必要なメッセージなのかもしれません。

 

以前と同じように感じられないことを嘆くことはありません。

それだけ成長したのかもしれないのですから。

瑞々しい感受性や新鮮さを表面だけでなく、深く感じるようになっただけなのかもしれません。それも一興です。

 

 

おすすめイベントは

 

2021年2月12日(金) 11:00〜13:30

 

宇宙の元旦と言われる春分の日に合わせて

新しい一年の動向を掴んでください

残席3名様

別途オプションであなたのガイドからのメッセージが聞けますよ

 

 

占いではない、未来を読む知識を知りたいコアでマニアックな人へ