東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. 眠れないのは脳を使い過ぎているから
 

眠れないのは脳を使い過ぎているから

2021/01/23 眠れないのは脳を使い過ぎているから

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

 

 

このマンガの主人公が目標であった高校に受かると、眠れなくなります。

それまで受けてきた父からの暴力も、高ランクの高校を受験することでなくなり、その高校に合格さえしたら、人生は変わると彼は思っていたのかもしれません。しかし、彼はそこまでに自分の心を無視し続け、思考による自己防衛をし続けたことで、脳に大きな負荷をかけてしまったため、眠れなくなるのです。

 

私は思考を変化させる時、上書きすると言いますが、まず大事なのは感情を感じること。感情を感じて現時点での思考の背景をしっかり認識するようにします。私たちは人です。AIではないので、脳だけで、思考だけでやろうとすると、心を感じることができなくなっていきます。心を感じないと言うことは、人なのに人でいることがつらくなっていくのです。やっていないことは、できないですからね。

 

普段生活していても、眠れない時は脳が疲れ切っている可能性があります。そして、心を無視しているのかもしれかないと考えてください。

不眠の時は薬を飲んででも眠って脳を休ませることが必要です。ここで大切なことは、ちゃんと専門家を受診して、薬も自分で勝手に調節などしないことです。よく眠剤は「クセになる」なんて言う人がいるようですが、科学的根拠はありません。都市伝説レベルの噂に惑わされないようにしてください。

 

そして大切なことは、専門家を間違えないことです。

心の病気の専門家は「精神科」の医師です。よく精神科のイメージに恐怖感や不安を感じて心療内科を受診する人が多いようですが、治療したい、ちゃんと向き合いたいなら精神科に通院してください。

 

心と体は不可分な存在であると私は考えています。

心は視認することができないので、病気と認識づらい部分もあるでしょうが、ちゃんと眠れなくなるとか、イライラが止まらない、集中できない、何をしていたか忘れてしまうなど身体的な症状として現れてきます。それを無視ぜずにまずは気づいてほしいと思います。