東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. みんなで一緒に徳を積もうぜ!に感じる違和感の正体
 

みんなで一緒に徳を積もうぜ!に感じる違和感の正体

2020/12/21 みんなで一緒に徳を積もうぜ!に感じる違和感の正体

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

今日のオンライン講座は

在処塾生に向けての「自己マネジメント1day講座」

 

今年のテーマは「自分を自分でマネジメントする」

ということで、こちらの講座を発信してまいりました。

 

塾生といっても、みなさん修了生でしたので

感受性も思考力も訓練してきてくださっている皆さんなので

土台はしっかりできています。

マネジメントには 自分をよく知ることと 

自立が何よりも大切。

土台ができているというのは

その両方がやれているということです。

 

質問も知識の補填のための 絶妙なものなので

私も答えるのがとても楽しくて 嬉しくなってしまいました。

 

そのご質問の中に

「徳」についてのものがあって

動画で

「一日ひとつ徳を積もう!みんなで積むぞー!」

「おー」

と みんなで鬨の声をあげているものを見て

気持ちが悪いな と感じたとのこと。

 

「徳ってみんなで1日一個とかやっていくものなんでしょうか?」と。

 

みんなで徳積むぞーって これは「陽徳」なんだとおもいます。

陽徳とは まわりの人にわかったり見えたりする状態で

良いことをするということです。

 

そもそも徳って 私たちが徳を積むぞ!と

意気込んでするものではないように思います。

日常生活の中で 

自分が善良でいたいという気持ちから 

自然に起きるものではないでしょうか。

それをあたかも徳はいいものだから

(まぁ間違ってはいないけれど)

徳を積むことを目的や目標にして 

意気込んでやることが

本来の徳のありようとずれていることが

気持ち悪いと感じたのではないでしょうか。

 

オウム真理教の信者が

「修行するぞ!」と連呼していたことに通じるような気がします。

 

徳を積むのも

修行するのも

あなた自身が決めて やることです

そこには自立した思考の持ち主であるあなたが 一人で立ち向かい行動することであって みんなで一緒にやることではないはずです。

 

お寺で修行するお坊さんも

集団で生活はしていますが

やっていることは 自分自身に向き合い 削ぎ落とすこと

自分だけの修行です

 

みんなで いっせいのせ!でやるようなことではありませんね。

 

 

在処サイトのリニューアルについて

 

12月22日のサイトリニューアルに向けて

現在 在処のホームページはご覧いただくことができません

 

セミナーや講座のお申し込みもできませんので

ご了承ください