東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. 「自分にしか興味のない人」でもいい
 

「自分にしか興味のない人」でもいい

2020/12/10 「自分にしか興味のない人」でもいい

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

コミュニケーションがうまくいかないという悩みを持つ人には

二通りの人がいるように思います。

 

・人に興味がない人

・人の気持ちを考えすぎる人

 

人に興味がない人

 

このタイプの人がおちいりやすいパターンとしては

人に興味がないにも関わらず、共感したり相手の気持ちを想像することが普通であり常識だと思い込んでいることです。そのせいで、もともと共感性が薄く、人のことを考えるのが苦手なのにも関わらず、それができると勘違いしてしまっています。相手が想像しているのとは違う気持ちでいるので、察することもできませんし逆に相手を苛立たせるようなことになることもあります。できないのにできると思っていることで、苦しみが大きくなっている状態なのです。

 

自分がされて嫌だったことは人にはしないとか、小学校の道徳でやったような「貢献」の名の下に自分より他人を大事にせよ、という考え方が頭にこびりついているので、それをやろうとするけれど結局他人のことを考えることが苦手なので、それができないことが問題を大きくします。

 

こういう人の場合、まずは自分は人にあまり興味がないことを認識してもらいます。そして共感したり相手の気持ちを想像することが得意ではないのだから、無理にそれをしなくていいんだよ、といいます。

すると不思議なことに、勘違いしていた部分がなくなることで、歪ではない真っ直ぐなコミュニケーションができるようになります。

 

 

人の気持ちを考えすぎる人

 

日本人には多いタイプです。

他人軸になりやすく、自己肯定感が低い人も多いですね。

 

このような人には、まずは課題の分離をしてもらいます。

相手に気持ちを考えすぎるあまり、相手が考えたり悩んだりして自分で解決するべき機会を奪っているかもしれないことを自覚し、「あなたなあなたで頑張って」と応援できるようになることが大切です。

 

そして自分の意見や考え、行動を少し自分勝手に思えるくらいに実践します。

このタイプの人は、無意識で相手のことを考えてしまいますから、どんなに自分勝手になろうとしても、そこに思いやりの気持ちが働かないなんてことがありません。要は自分勝手になることがないと言えます。

 

それを訓練していくと、自然と自分軸を持つことができるようになります。

 

 

人に興味がある人ばかりがいるわけではありませんし、興味がないからといって普通ではないわけでもありません。それも一つの個性であり、その人の持ち前です。

ちゃんと認めて、自分らしい生き方につなげて欲しいものです。

 

 

 

在処サイトのリニューアルについて

 

12月22日のサイトリニューアルに向けて

現在 在処のホームページはご覧いただくことができません

 

セミナーや講座のお申し込みもできませんので

ご了承ください