東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. ヘルニアの手術したらいいのに
 

ヘルニアの手術したらいいのに

2020/11/28 ヘルニアの手術したらいいのに

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

主人が数年前から ヘルニアを患っていて

定期的に脊椎専門病院に通院しています。

 

最近 夜中足がつってよく起きるので

漢方飲んだり マッサージしてあげたりしていたのですが

ヘルニアを診てくださっている先生が

「足が腓返り(こむらがえり)を起こすのはヘルニアが原因です」

と言われたと。

もう手術しかないよ〜

というと、絶対イヤだ!と子どものような答え。

 

ヘルニアの手術自体は問題ないと思うのですが

術後のリハビリが結構キツく

多くの人が「ヘルニアの手術をしてもよくならない」なんて言うのは

術後のリハビリがつらくて 続かないことで

術後の回復がうまくいかないことが原因のことが多いのです。

 

私の妹もヘルニアの手術を受けているのですが

術後のリハビリがつらくて 毎日泣いていました。

大の大人が我慢しきれず泣いてしまうくらい痛くてつらくて苦しいのです。

 

みなさん手術したら悪いところを治したんだから、すぐに今まで通り!とか思われると思いますが、手術って身体的にとても大きなストレスで、大きな負荷がかかります。すぐに元通りにはなりません。

 

ヘルニアの手術は脊椎の神経の圧迫を取り去ることが目的なので、脊椎という神経をいじります。神経を触るので、どうしてもそこには負担がかかって、その神経が復活・修復するには安静にしていてもダメで、足を動かすことが必要になります。

動かすことで修復が進み、以前と同じように動くようになるのですが、術後は傷は痛いし、今まで動いた足が思うように動きません。それでリハビリが必要となるわけです。

 

主人は手術が嫌なのではなく、おそらくリハビリがつらいことを知っているのでそれが嫌と言っているのかもしれません。

でも、毎日のように足がつって起きてしまうのは、それもつらいですよね。

 

どちらがより苦しいかなんて選択になってしまうのは少し悲しいですが、主人も退職だあるうちにどうするか決めてくれたらいいと思います。

 

 

在処の講座・セミナー

 

今年ラスト開催。

自分をマネジメントして

思いのままの人生を手に入れるために

必要なことをお伝えしています。

 

12月19日(土) 11:00〜17:00

 

午前の部 11:00〜13:30《2時間半》
星読みレッスン:占星術の基礎(7つの惑星統合について)

休憩 13:30〜14:30

午後の部 14:30〜17:00《2時間半》
スピリチュアルの理レッスン:在処の知恵を知る