東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 認知症の母に見る親子関係のリセット
 

認知症の母に見る親子関係のリセット

2020/11/05 認知症の母に見る親子関係のリセット

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

ラグちゃん、お薬が効いてきたのかごはんも食べますし、ウ○チも普通にできて安心しました。明日までお薬があるので、それを飲みきって調子がこのままなら完治ってことのようです。よかった〜。

 

 


 

母の認知症がだいぶ進んできました。

11月3日は母の誕生日でしたが、言われたらああそうなの、という感じで、今日は自転車で妹の家に行く途中に転んだようです。

 

ご近所の方が見かけて助けてくださったようで、足の打撲と額のすり傷らしいのですが、状況を聞いても登場人物がまったく違っていたり、覚えていないことだらけで要領をえません。

わたしは離れて住んでいる上に、今はコロナの感染があるので東京から地方に行くことができません。そんなばかな、と思われるかもしれませんが、今や東京のナンバーで車が置いてあると近所から注意されることもあるらしいのです。東京在住の人と接したらデイサービスを断れれたという話もあるとか。慎重なことは悪いことではないかもしれませんが、わたしは身動きができず、困り果てています。

 

母の症状はとにかく記憶がないこと。すぐ忘れてしまって覚えていられないけれど、自分ではしっかりしていると周りに思われたいために、自分の都合で作り話で記憶を補填してしまいます。妹も弟も、真面目に聞いてしまって振り回されて疲れ果てているようです。

 

転んだことも、聞いてもわたしには何もなかったかのように知らないフリをします。

電話も都合が悪くなると、勝手にきってしまいますし、聞こえないフリをしたりします。以前から自分の都合優先の人でしたが、今は抑制が全くきいていないようです。

もう普通に話すことはほぼ不可能です。

 

話ができなくなり、自分をなくしていく母を見ても、わたし自身は悲しくないのです。なんて冷たいんだろうと思いますが、わたしは母とは折り合いが悪く、母なりに愛してくれていたのだとは思いますが、その愛情を感じさせてくれることはあまりありませんでした。ずっと苦しかったのですが、数年前に母を一人の人だと、一人の女性なんだと考えて、人間同士なんだと立場をとらえることで親子の関係をリセットしました。

ここまで一人で頑張ってきた母ですから、もう苦しいこの世界にこだわることなく、父が迎えにきてくれないかとさえ思います。

 

人は長く生きすぎている。

人でなくなる方が、苦しむことがなくなるからでしょうか。