東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. ラグちゃん動物病院に行く
 

ラグちゃん動物病院に行く

2020/11/02 ラグちゃん動物病院に行く

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

ここ二日ほど、我が家の愛猫ラグちゃんが

調子を崩しています。

日曜日でしたが行きつけの動物病院で診察を受けてきました。

 

ご飯を食べても吐いてしまうし、下痢をして、元気がなくてずっと私の布団の上で寝ています。

 

かかりつけの病院はご夫婦で診療してらっしゃるので、タイミングでお父さん先生かお母さん先生か違うのですが、ラグちゃんはお母さん先生が大好き。上目使いで甘えた声で「にゃにゃにゃ・・・」と言ったりするのですが、今回はお父さん先生だったので、チラッと見て甘えられないと観念した様子。

おしりでお熱を測られたり、触診されたり、後ろ足から採血されたり、首の後ろに点滴されたり、ほぼフルコースの診察と治療を受けて、最後には帰りたくてキャリーに飛び込んでいました。

 

診断は細菌性腸炎で、抗生物質と整腸剤、下痢止めをいただいて数日様子を見ることになりました。

ごはんが大好きで、カリカリの音がするだけでダッシュしてきたラグちゃんが、ごはんに興味を示さなくなって心配です。ネコだからお腹を休ませるために、自然と絶食しているのかもしれないのですが、喋らないので察することしかできず、久しぶりに私がおろおろしてしまいました。

 

でもよく観察していると、いつもと違うことをしていることがわかったりして察することはできるのですが、人と違って言葉で伝えてこないのはやっぱり難儀です。

取りあえず今はちゅーるでごまかしながら、いっぱい撫でてゴロゴロ言わせて、よくなれ〜と唱えることしかできません。

 

ラグちゃん、はやくよくなれ〜

 

追伸:動物病院では「ラグちゃんのお母さん」と呼ばれるのですが、なんだかくすぐったく感じます。わたし人間だけど・・ネコ産んでないけど・・

でもお母さんだもん!みたいな感じです。

 

 

在処の講座・セミナー

 

風に時代に入る前に、コミュニケーションを見直そう!