東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. 感謝がにじみ出る行動を
 

感謝がにじみ出る行動を

2020/10/31 感謝がにじみ出る行動を

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

 

秋晴れが続いていたので、いい気分でタオルケットやちょっと大きなものを洗濯して干したんですが、夕方明るいのに雨雲が雨を降らせて慌てて取り込むことに。

 

ちょっと悲しかったです。。

結局乾燥機で、ばりばり乾かしました。

 


 

感謝、感謝と何かにつけて言っている人がいるのですが、なんでしょう、連呼しているとそこに真実味がなくなる気がします。

 

謙虚さや感謝というものは、その言葉に真実があるというより、そういう気持ちや思いを持っていることが、自然に行動として発現してくるのではないでしょうか。

 

感謝を何かと言っている人は、そう言うことで自分がそうでありたいと思っているか、何か後ろめたい事が無意識にあってそれを隠したいと思っているのかもしれません。ポジティブな言葉を使えばそうなるわけではなく、その言葉を自然に使うことができる意思を持っていることの方が大切です。

 

私たちは考えてから行動していると皆さん思っていると思いますが、脳の動きとしては僅差で行動が先でその後考えが起こっているのだそうです。

そう考えると、行動することで思考を構築することは可能と言えます。

体を動かすから、気分が良くなることはあるということです。

 

ただこれに関しては、原始的な反射に近いような気が私はしています。

 

私たちがいるから「意志が生まれたのか」

意志があるから「私たちがいるのか」

これは哲学でよく語られることです。

 

まるで鶏が先か、卵が先か、という問答のようです。

 

私は意志が先にある説をとっていますが、あなたはどう思いますか?