東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 神社に参るなら願うか感謝か
 

神社に参るなら願うか感謝か

2020/10/18 神社に参るなら願うか感謝か

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?


 

冷たい雨の1日でした。

コタツを出して、夜はもつ鍋にしました。おなかが温まります。

もつ鍋は生の牛もつでないと・・なんて言っていたら

スーパーで見つけた主人が、牛もつを爆買いしていました(3パックゲット)

おかげで家族5人たらふく食べて、シメはちゃんぽん麺にしましたよ。

 

 


 

神社にお参りするときに、ついついお願い事をしてしまいませんか?

悪いわけではないのです。

お願い事を聞いてくださるのも、神様仏様の御加護ですし。

 

ただ、神様の御加護はあくまでも私たちが実際に努力をして

行動して結果の最後の一押しと言いますか

ちょっと背中を押してくださる程度のものであって

めちゃめちゃパワフルに応援してくださるわけではないように思います。

 

いつだって神様仏様は、信心していれば

どんな時も見守ってくださっているのですから。

 

私は普段家の神棚や仏壇

(家にあるこれらは神社やお寺の出張所だと思っています)

に手を合わせていますが、その時も基本感謝をお伝えしています。

 

今日まで生かしてくださってありがとうございます。

家族が健康でありがとうございます。

良い雨です。寒が入ってありがたいです。

というように。

 

神社・お寺ではお願いをしてしまうのは、

足りないから、何かが不満だからではありませんか?

 

私たちはすべて与えられています。

不満を感じるのは、あなたの欲かもしれませんし

もっともっとというのは、持っているものが見えていないからかもしれません。

 

手を合わせるとき、この世界で自分が満足しているか、

不満を抱えているかがわかるのかもしれませんね。

 

感謝だけをする事ができるのは

自分がしあわせで、整っていると本気でそう思えるのでしょう。

だから無理に感謝するのではなく、自然にそう思えたら感謝すればいいのです。

 

神様はお見通しなのですから、無理は禁物です。

 

 

在処の講座・セミナー

 

すべては理から始まる。

正直で誠実であるためには、まずはルールを知ることから。

あなたが知っている、

わかっていると思っているあの世のことは

この世の都合や、不安や恐怖であなたを騙し

縛るためかもしれません。

 

自由にあるために

スジの通ったルールを学びましょう。