東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. お知らせ
  3. 共感が苦手でも それが私ならそれもよし
 

共感が苦手でも それが私ならそれもよし

2020/07/10 共感が苦手でも それが私ならそれもよし

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?

 

朝 結構大きな地震がありましたね

八王子は遺跡や貝塚 

マンモスの化石なども出てくるので

太古の昔から陸だったようです

 

おかげさまで 地震には強く

おそらく 他の地域より

揺れはないように感じます

 

関東圏では 多くな地震を心配する声も聞いたりします

日本自体が地震大国ですから

どんな時も もしもの供えをしておくことが大切ですよ

 

落ちこぼれかも知れないけれど

 

今日も在処塾生のセッションでした

また一人

在処塾を修了されました

 

今日の彼女は 今までになく晴れやかなお顔で

ロングだった髪も 短くされて若くなった印象

 

ころころとよく笑い

初めて会ったときの じわっと幸薄めな感じが一新されていて

ほっといたしました

 

じつは彼女 私が途中で「少しお休みしましょう」と言って

在処塾を一年ほど休止していたのです

 

なかなか コントロールドラマ を止めることができず

傍観者になりがちで

 

コントロールドラマ については

今日から YouTubeの在処チャンネルにて動画を一日一本 全12回配信しますので

是非ご覧ください ↓

 

 

自分のリアルな世界を実感できずに

悩みたくて悩んでいる様子がみられました

このままでは 私たちに依存する傾向が強くなると考えて

もう一度 自分が取り組むことをよく考えてみてくださいと

お休みしてもらったのです

 

しかし 今年に入って

コロナの影響で仕事や生活の不安から

ちょっとしたパニックに陥ってしまった彼女から連絡が来て

どうしても 在処塾を再開したいと言われて

再チャレンジすることに

 

 

あなたは素晴らしい

 

コロナへの不安も

結局は 不安になりたいから 不安の要因を集めていただけで

では どうして不安になろうとするかといえば

普通でいたいという彼女の願望がそうさせていたのです

 

みんな怖がってる、不安になってる

私もそうしなくちゃ 普通でいるためには不安にならなくちゃ

 

彼女は社会や まわりの人との感情的共感が 

子どもの頃からあまり得意ではなく

だから まわりと同じ気持ちを感じようと

不安を集めがちになっていました

 

しかし 本来の彼女は

自分のことに集中するタイプで

それができることで まわりにやっと目を向けることができる性分なのです

 

「私 あんまり人に興味がないんです」

 

ここに気づいて そいうい自分もいていいと認められてから

彼女は グングン自分らしさを取り戻していきました

 

みんなと同じでなくていい

変わっていることが 自分の個性なのだと

 

これが彼女自身の 自分に対する納得解でした

 

ここに至るのには 時間もかかりましたが

コロナのおかげで 不安になったけれど

在処塾を再開できて

自分を手に入れて

本当に良かったと 最後に言ってくれました

 

人は自分の課題に向き合って 

苦しくても 辛くても 諦めずにやることで

必ず変わることができると私は思います

 

それは 私自身が今もやっているからですし

マーサや 在処塾の修了生の皆さんが

必ず変化してくれているからです

 

病気のお陰様で 適職である看護師には戻れそうにありませんが

天職である 人の変化を手伝う仕事ができて

本当に幸せだと 今日も感じさせていただきました

 

お疲れ様でした よくがんばりました

 

そして 出会ってくれて 変わってくれて

どうもありがとう