東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 大泉の母に会った時、あれが私の原点かもしれない
 

大泉の母に会った時、あれが私の原点かもしれない

2020/07/04 大泉の母に会った時、あれが私の原点かもしれない

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?




やっぱり 洗濯物は

お日様にあてて干したいですよね〜

さっぱり ぱきっと 気持ちがいい

 

今朝は曇ってはいましたが

少し風もあったので 外干しをしていたら

夕方になって 雨が降ってきてしまいました

 

私は洗濯は干すまでが好きで

取り込んで 畳んで しまうのがキライです。。

 

なんでだろ

相変わらず ダメな主婦です

でも とりあえず取り込んでおくと

主人が畳んでしまってくれるので

夫婦の分業とも言えるのではないか??などと

勝手に思っております



大泉の母は今何処に

 

時々 急に思い出すことがある過去の出来事

 

看護学生だった頃 私は学生寮に住んでいて

入学の自己紹介で友達をつくりたくて

「タロットできます」と言ったために

毎日のように タロット占いをしながら

悩み相談を聞いていました

 

そんなある日

同級生の友人が ある占い師のところで

ひどいことを言われて

本当にそうなるのか。あの占い師は当たるのか見てきて!

と頼まれて、その頃の私はなんとかしてあげなくちゃ!なんて思って

その占い師のところに行ったのです

 

その占い師とは「大泉の母」と言われる人で

大泉学園駅 降りてすぐの「ピエロ」という

喫茶店で占いをしていました

有名らしく 結構並んで 

その日もテレビ局の取材が

入っていたりしていました

 

席に通されて 

小皿にそばぼうろとほうじ茶が出てきて 

確かその時は

一回500円だったかな

とてもお手軽だった印象

 

白い長方形の紙に

名前を書いて待つように言われて

数分して「大泉の母」登場

 

彼女は二人がけのテーブルに

向かい合わせに座る友人と私の間に

椅子を持ってきて座り

いくつか質問されて 看護学生だというと

いきなり 手に持っていた孫の手で 

私の前髪をパシッとはらうと

「看護婦になる人間が 

こんな前髪長くちゃダメよ!!」

というと

私のことは眼中にないように

一緒に来た友人に 

今付き合っている人とはうまくいかない

結婚はできないし 子供もできない

みたいなことを言って

さっさと隣にテーブルに行ってしまいました

 

今の私なら 一言も二言も言い返したでしょうが

まだ子供でしたし 呆気にとられて

そのまま店を後にしました

 

帰り際 霊能あるあるの 

具合が悪くなって倒れる人が出て

大泉の母が なんかついてるのよ!と

言いながら その人の背中をバンバン叩いてて

周りが盛り上がっているのが

チラッと見えましたね

 

帰り道

友人は 結婚はできないし 子供もできない

と言われたことがよほどつらかったようで 

ポロポロと涙を流していました

 

梅雨子はあの占いをどう思うか?と聞かれたので

 

私はたとえ相手が子供だったとしても 

鑑定料金が500円だったとしても

初対面の人に対して 

いきなり孫の手ではらうようなことをする人を

信用できない

人としてどうかと思う

 

あんな人を馬鹿にして 選り好みするような人に

占いの神様が 力を貸すはずがない

だから私はあの占い師は 当たらないと思うよ

 

あなたは結婚できるし 子供もできる 大丈夫

あの占い師と私 どっちを信じる?

と聞くと

彼女は 梅雨子を信じる と言ってくれました

 

その数十年後

彼女は素敵な男性と結婚し 

二人の娘にも恵まれました

 

占い師 当たることより人間性

 

よく 当たる占い師ってどんな人?と

聞かれますが

当たるか当たらないかは重要ですが

間違いなく 

人としての人間性が良質であることも大切であると思うのです

どんな相手でも尊重し 

思いやりを持って言葉を紡ぐことができること

そういう人なら 占いで出た結果を 

自分勝手に扱うことはないでしょうし

客観的なアドバイスも 

できるのではないでしょうか

 

人が弱くなっているときに

あからさまなマウントや

自分本位な言動をする人を信じてはいけません

そういう時こそ 彼らは依存を生み出すために 

あなたの弱さを手ぐすね引いて待っているのです