東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. 国が国民を守るのは当たり前?
 

国が国民を守るのは当たり前?

2020/06/18 国が国民を守るのは当たり前?

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?


昨日は月一の大学病院の受診日

コロナ禍にあって 以前は大賑わいだった外来も

ガラガラです

 

予約の定期受診の人がほとんどで

飛び込みの初診の人が少なくなった印象

 

よく病院ジョークで

外来の待合室で

「〇〇さんは今日は来てないね」

「具合が悪いみたいよ」

っておじいさん、おばあさんが話すっていうのがあって

おいおい 病院って具合が悪いから来るんじゃないんですか??

って突っこむわけですが

 

まさにこれですよね

今は病院に来るほうが コロナに感染するリスクが高いから

ご高齢の方は受診を避けるんでしょうし

緊急事態宣言で 学校がお休みだったおかげで

こどもたちが 他の感染症にも(手足口病とかプール熱とかね)

かかることがなくて 

小児科の受診率も下がってしまったなんてお話も聞きました

 

こうみると

今まで私たちはどれだけ気軽に病院を受診していたかがわかります

 

日本では保険医療が当たり前ですから

本来の医療費の4割とか半分以下で

医療が受けられるわけです

子供達にいたっては 自治体によってですが

無料なんてところもあるでしょう?

 

私たちが実際に支払っている医療費は

一部であって

それ以外は国とか

働いている人は会社が

支払ってくれているんですよね

これって 

守られているということでもあると思うんです

 

私たちも日本国籍を持つ限り 

国民としての義務があります

 

国民の三大義務とは、

日本国憲法に定められています

「教育の義務(26条2項)」

「勤労の義務(27条1項)」

「納税の義務(30条)」

 

私たちが義務を果たすことで  

国は維持できて私たちを守る力を得る

 

健康保険も今回コロナで配布された給付金も

そうですが

確かに私たちが普段義務を果たしているから

それがただ返ってきているのかもしれませんが

私にはそれを「当然」だとは思いません

 

「国」も集団としての「個」を

持っていると思うのです

 

国が私たちを守ることは

当たり前なのかもしれませんが

私たちがやるべきことをやっているからで

そこにはお互い様 

お陰様があってしかるべきなのではないか?

 

パンデミックのような 見えない(あるけど小さすぎて見えないだけ)ものに

命を脅かされると 建前ではない 

本当の人間性がバッチリ見えてきてしまいます

 

建前や社交辞令ではない

嘘や見せかけではない

剥き出しの人間性 

人としての器が試されています

 

感謝も優しさも正義も

それはあなたの持ち前でしか

出すことができません

 

あなたのそれは

本当の感謝・優しさ・正義ですか?

 

一度止まって 考えてみてください

傲慢さは 人をおとしめ あなたをおとしめます



今月のオンラインセミナーは




子育て座談会

6月26日(金) 11:30〜13:30

Stay homeで学校や保育園に行かない子どもたちと

ずっと一緒にいるのは正直つらい・・・

特別給付金10万円を渡すか渡さないかで大もめ・・・

子育てに悩みは 大きなことから小さなことまで

尽きることがありません

まずは愚痴でも 話すところから始めませんか?




 

八正道と六波羅蜜を知ろう

6月27日(土) 11:30〜13:30

 

八正道も六波羅蜜も 釈迦の教えです

仏教のことですが 宗教ととらえるよりも

この現実をどう生きたら 楽に生きられるのか?を

説明してくれているものです

あの世のことは死んだらわかるんだから

今この現実をなんとかしたいよね!

 

↓↓↓

お申し込みはこちら