東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 思い変え 思考法 考え方
  3. いびつな思考は「思い込み」がつくる
 

いびつな思考は「思い込み」がつくる

2019/11/21 いびつな思考は「思い込み」がつくる

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?




先日 主人といちょうまつりに行ってきました

毎年 八王子の甲州街道のいちょう並木で行われます

 

今時期のいちょうはそれは綺麗な黄色に染まって

ギンナンの独特な香りとともに

秋の訪れを感じるイベントです

 

その時に緑茶詰め放題の出店に寄って

そのお店の方と少しお話ししたのですけれど

 

「昔はいちょうまつりでもよく売れたんだけど

今は全然売れないんですよ。

ほら、みんな買い物袋持ってないでしょう。

八王子の人は買ってくれないんだよね。

隣の立川とかの人はもっと買ってくれるんだけど」

 

と 言ってました

 

これ普通に聞いたら 

ちょっと腹が立ちませんか?

私も八王子市民だしね

でも買ってくれているから 

彼からしたら「あなたは別ですよ」

という事かもしれないけれど

 

それでもお客さんに 

愚痴はどうかと思うわけですが

それと同時に

この店員さんの

「思い込み」と「コントロールドラマ」が

見え隠れしていることに気づきます。



この会話の中で 

彼の思い込みの思考フィルターは

 

・商品が売れないのは八王子だから

 

彼はそう思い込んでいるんですよね

 

もしかしたら

消費税が上がったから財布の紐が固くなっているのかもしれないし

出店している多くのお店が食事系で

お客さんたちは食べ歩きに来ているからなのかもしれませんよね

 

私たちは自分の経験や 体験から考えますから

一番近い記憶であったり

そう考えた方が楽(考えるのが面倒)だと

最も簡単な答えに飛びついてしまいます

それらが思い込みやこだわりの思考の

原因になるのです

 

そしてもう一つの「コントロールドラマ」

これは「被害者」のドラマが繰り広げられています

 

商品が売れなくて困っているんだ。もっと買ってくれよ。

売れないのは可哀想だろう?

 

と 訴えて私にもっと商品を買わせよう

ひいては 可哀想と思うならお前のエネルギーをよこせ

とドラマをやってエネルギの搾取をしようとしているわけです




自分が何か思いついた時

それが思い込みだった場合

間違った思考になってしまうことで

自分の本心や正直な気持ちに

気づくことができなくなってしまいます

 

そしてドラマをやって

エネルギーを奪い合うことは

お互いに心が疲れる原因になります

 

私達の日常には

こういった「思い込み」や

「ドラマ」が散りばめられています

 

新しい秩序のエネルギーが照らし始めた今

正直であることが求められています

 

建前や社交辞令

偽善的なものは淘汰されていくことでしょう

そうなれば

自分の心を知って

まっすぐ正直な行動ができるようにならなければなりません

 

思い込みやコントロールドラマは

あなたの心を乱し

いびつでねじれた思考になる原因となります

 

思い込みをはずして

コントロールドラマを仕掛けることをやめて

正直な自分になっていく努力をしてまいりましょう