東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的スピリチュアルの話
  3. やりたいこと 好きなことを仕事にすることは幸せか?
 

やりたいこと 好きなことを仕事にすることは幸せか?

2019/09/19 やりたいこと 好きなことを仕事にすることは幸せか?

はい こんにちは

みなさん たましい磨いていますか?

経験値ためて 直感上がってますか?



だいぶ秋めいてきましたね

ここ数日 不眠で

3時ごろまで寝られません〜

もともと夜型だから

あまり変わらないって言えば

そうなんですけれど

 

布団に入っても

眠気がこないのは苦しいですね

 

つい先日は

時間について考えていて

日が昇るまで 

ボヤーとしていましたよ

主人に言ったら

「そんな答えの出なさそうなこと

考えてるからだ!」って怒られちゃいました



好きなことで稼ぎたい

 

「好きなことを仕事に」は

おそらく 多くの人が望むことでしょう

 

だからこそ

夢と描き

そうなるべく

努力を重ねているのだと思います

 

これが純粋な願いなら良いのですが 

最近 声高にこれを唱える人たちの中には

欲を抱えて

それを本気で願う人がいるようです

 

さて それはどんな欲でしょうか?

 

それは

「ラクして稼ぎたい」という欲です

 

好きなことなら

苦もなくやり続けられるだろうし

自己肯定感も上がりそう

しかも 生活費が稼げたら

こんなにいいことはない

 

いいですか。

好きなことを仕事にしようが

何をしようが

そこには 「仕事」である限り

努力も がんばりも必要です

「ラク」はありません

「楽しい」はありますけどね

 

そしてここ数年

自分らしく という

承認欲求を満たすためのスローガンが

「好きなことを仕事に」

ではなかろうかと思います

 

その結果

「好きなこと」を

自分の好きなことしかしなくていい

などという自分勝手な考えと結びつけ

適職(私の考えでは適職とは 

魂を磨くのに最も適切な仕事ということです)

にしっかりと取り組むことをしない

という選択をしてしまう人が

いるようです

 

そもそも

自分の「好きなこと」は仕事になるのか?

もしなるのだとしたら

その「好きなこと」は

自分に正直に

そして

自分軸で考えた結果なのか?

一度考えてみると良いと思います



好きなことで幸せになれるとは限らない

 

そもそも ココなんです

 

「好きなこと」は

幸せになる通過点であることが

多いように思います

 

では本当に幸せを得られる仕事とは

一体なんなのか?

 

それは

「魂が決めてきた仕事」です

自分が自然にやってしまう

やらずにはいられない仕事

 

これに気づくには

「楽しい」を越える必要があります

 

この世界の多くの人は

「適職」をやりながら

この「役割」を持たされて

魂磨きに取り組み

寿命を迎えます

 

「適職」でスキルを磨き

「役割」を「天職」として

お金を稼ぐ仕事にできる人は

そう多くはありません

 

しかし そこに行き着いた人は

利他の精神のもと

お金があるとか

尊敬されるとか

そんなものやことで測れない

境地に至ります

 

これが幸せということ

魂が望むことは

単純に

やりたいことや

好きなことではないことが

多いです

その先にある

やりたいけれど

どうしても心がブレーキをかけることや

私がこんなことをやりたいと思っているなんて!と

拒否しがちなことであることがほとんどです



あなたの魂が望む

唯一の役割を果たすことは

簡単に手に入れるものではなく

自分のやるべき課題をクリアしたとき

ご褒美のように

湧いてくるものです

 

そんな天職・役割がをやることができたら

この世に生まれてきた

甲斐があるということです