東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 下からすくい上げても もう助けにはならない
 

下からすくい上げても もう助けにはならない

2018/11/05 下からすくい上げても もう助けにはならない

はい こんにちは

たましい磨き やっていますか

 

宇宙が狙って駆け抜けろといっている

 

11月に入って

だいぶ 空気感が変わってきましたね

 

肩にのしかかっているような重さが

少しずつ 風に乗って 

はぎ取られているような 感覚があります

 

秋の空気のさらっとした感じと

それでも太陽の光の強さ

 

ここのところは

曇りがちですが

空気感の変化は天気とは

関係ないようですね

 

さて

どうしてこんなに

空気感が軽くなっているかというと

 

11/7 逆行中天王星の牡羊座入り

11/8 木星射手座入り/蠍座新月

 

だからなのです

 

11月の星の動向については

マーサのこちらのブログで

確認してください ↓

11月の星模様を確認

 

さて、始まりの星座 牡羊座が

改革の星 冥王星にはいり

 

チャレンジの星座 射手座が

ホームである 拡大の星 木星へ

 

このワクワク感が

空気の軽さの原因です

 

今まで

蠍座や山羊座の 

しっかりしたディープなエネルギーでしたから

 

なんだかわけもなく

楽しくなってくるかもしれません

 

 

低き流れから救い出せるものは何もない

 

こうなってくると

ついついやりがちなこと

 

自分の能力を過信して

やらなくてもよいことに

てをだしてしまいがちのなるやもしれません

 

自分のことは棚に上げて

自信も自分軸も持てていないのに

人を助けようとしてしまいがちになる

 

これ

要注意ですよ

 

私たちは習慣の奴隷であり

自分を甘やかし 低きに流れるもの

 

どんなときも

自分の立ち位置を

見失ってはなりません

 

そして

これからやってくる

完全な個の時代は

自利がなって

利他をしようとしたとき

 

自分よりも

エネルギーや感覚が

低い人たちを

助け上げることは

できなくなってくるとおもわれます

 

低いというと語弊があるかもしれませんが

もっと詳しく言うと

自分の本心に嘘をついている人

向き合わなければならない課題を先送りしている人

自信を自分勝手に解釈している人

本物を見極める目(感覚)を持っていない人

という方々のことです

 

彼らを他人である私たちが

目覚めさせようなんて

傲慢な考えは 捨てることです

 

彼らは彼ら自身で

気づかなければなりません

 

それが第一関門なのです

 

では私たちができること

それは

自分軸を持ち

自分が何者であるかを認識したら

こんなにしあわせでいられるという

生活で実践している姿を

見せることです

 

理想の世界はあると

希望を示し続けることです

 

何かやってあげるのではない

 

ただ示し続けること

 

私たちは人ですから

腕は二本しかありません

がんばっても救い上げることができるのは

二人です

 

でも

見せることは大勢に対してできます

 

自分勝手に生きるのか

自分軸で生きるのか

 

すでにその二極化の傾向はでてきています

 

政治でも経済界でも スポーツ界でも

スピリチュアリストも

起業女子の中でも

嘘が暴かれ

自らをごまかしてきた人たちは

化けの皮を剥がされてきていますね

 

あなたは正直に生きていますか?

真実の自分の背中を みせられていますか?