東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. 息子の告白 〜9年間◯◯でした
 

息子の告白 〜9年間◯◯でした

2018/10/31 息子の告白 〜9年間◯◯でした

はい こんにちは

スピリチュアリストですが 母もやっております

 

お弁当 まずいです

 

夕食を食べ終わると

息子のショウさんが

神妙な顔で

「お母さん、じつは。。」と話し出した

え、なになに

 

「僕さ、9年間もお弁当食べてんだよね」

うんうん

「でさ、お昼が楽しくないというか、

まぁはっきりいっておいしくないんだよね」

。。あ。。そうですか。。

 

すみません。。

ほんとにごめんなさい

なんとなくわかってました

 

お母さんも 9年間つくり続けていて

マンネリだと思ってます

 

で、息子にわたしも告白することに

 

しかたなく 続けていることもある

 

「じつはね、お母さん

おばあちゃんが夜勤をするようになって 

小学6年生くらいからずっと

ご飯つくり続けてんのよね。

で、今の今までそうなわけだけど 

はっきりいってごはんのつくりかたなんて

ばぁば ああいう人だから 

おしえてもらったことなんかなくて、

家庭科の教科書を見ながらつくってたのよ。

でね、じつはね 

お母さんご飯作るの苦手なの。。」

 

「え、そうなの!

子供の頃からつくってたってきいたから、

すきなんだとおもってた。」

 

「いや、ごはんつくらないと食べられないし、

きょうだいいたからね。

食べさせなきゃいけなくて、

しかたなくやってたのよ。

そもそも、料理があまり得意じゃないの。

というか、家事全般すごく苦手!

お母さんの中で、主婦って神だから。

専業主婦たのし〜とかいう人、神だから!!」

 

主人は これを聞いて 苦笑いしてました

 

ずっとやりつづけているからって

好きなわけではないのです

 

お母さんだからって

家事が好きな人ばっかりじゃありません

 

だけど 美味しくないお弁当

9年も食べさせててごめんね

がんばってるんだけど ホントすまん

 

だけど

あと数日だから もうちょいがまんしてね

 

そして 来年からは

一人暮らしして 

ぜひ家事の面白さをみつけておくれ

 

主夫にめざめてくれたら

母はとてもうれしいかもです。。。