東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. おとぎの世界からお姫様を救い出してはならない
 

おとぎの世界からお姫様を救い出してはならない

2018/10/27 おとぎの世界からお姫様を救い出してはならない


エネルギーを奪う嘘

 

一緒にいるだけで

とにかく疲れてしまう

 

なんて人 いませんか?

 

建前ばかりで

平気で嘘をつく

 

社交辞令も 詭弁も

私たち 人間関係やっていれば

大なり小なりあるわけだし

それができないのも 問題にはなります

 

そうはいっても

うそばっかりは

つきあうほうも

つかれちゃいますよね

 

 

おとぎの国に生きる幻想

 

最近 西原理恵子さんの

パーマネント野ばら

という漫画を読んだんです

映画にもなったんですよね

 

そこに

主人公の友達で

毎日ウソをつく女の子がでてくるお話があって

 

不治の病であと数ヶ月で死ぬとか

彼氏がもとアイドルだったとか

いろいろ わかりやすいウソを言うんだけど

主人公は「そういう子だ」って 普通に付き合うわけですよ

なぜって 普段はいい子だから

 

でもその彼女は 大人になって

ちょっとしたウソから

どんどん悪い方へ追い詰められて行って

最後には 自殺しちゃう

 

なんだか この子が

キラキラした起業女子をやめられない人

自分のサービスや商品に 特別感が欲しくて

スピリチュアルの味付けをしてしまう人

自分の今の生き方に向き合えない人

変わりたいと言ったものの 苦しくなって逃げてしまった人

 

が めっちゃかぶる。。

 

たぶん うそをつくのは

自分を守るための 方法なんだと思う

 

短絡的だとは思うけれど

そうぜずにはいられないのだ

 

そして それを良しとしている人が

たとえ そんなウソの世界からでたいと言ったとしても

それを信じて 本当にでる手助けをするのは

間違っているのかもしれないと思った

 

彼女たちは おとぎの国に住んでいるんです

そこでなら お姫様にも魔法使いにもなれる

自分の思う者でいられる

 

でも その国を一歩でも出たら

普通の なんでもない私

 

それに耐えられずに 死を選ぶなら

そこからでてはいけない のかもしれない

 

そういう人も いるんだって話