東京・八王子 魂の目的を知り 苦しみを生むこだわりの思考を思い変えて自分を生きる スピリチュアルと現実思考を組み合わせた思考解放カウンセリングの《アタラクシア》 仕事、恋愛、結婚、夫婦、子育てなどの悩みを解決へ導きます
  1. 気づきのブログ
  2. 梅雨子的徒然日記
  3. NOということこそ、学びは多い
 

NOということこそ、学びは多い

2018/05/15 NOということこそ、学びは多い

仕事でもプライベートでも
何かを始めることの多い時期ですね。

誘われたり、何かを始める時よりも
その誘いを断ったり
始めたことを終わらせる時のほうが
エネルギーがいるなと思ったことはありませんか?

立つ鳥跡を濁さず
といいますが
どんなことも
最後の始末をどうつけるのかで
私たちは多くを学べる気がします。

ここで大切なのは
断り方です。
誘われたりしたとき、面倒臭いなーなんて思うと
ついついやりがちなこと。
「(別に予定はないけど、ただ行きたくないって言えないから・・)
ちょっと予定があってまた次に誘ってください!」
という断り方を
してしまったことはありませんか?

これ、
最終的に嘘をついてしまうことになっていますよね。

断るときには、相手に不愉快な思いをさせないために
建前(たてまえ)や詭弁(きべん)を使ってしまうこと
あると思います。

しかし、今そしてこれからは
この建前や詭弁が
通用しない時代が来ています。
ごまかしがきかないと申しますか
ごまかしても
ばれてしまうという方が
正しいかもしれません。

自分に嘘をつかず
相手にまっすぐ思いを伝える。

断るならば
「都合がつかないのでお誘いを受けることはできません」と
言えるといいですね。

自分自身が正直な気持ちを
表現したことで
相手がどう思うかは
相手の問題です。

これは
課題の分離という考え方になりますが
建前や詭弁を使ったり
うそをつくことが
相手が考えるべき問題を
こちらで忖度して
無しにしてしまうようなことは
あってはなりません。

関わり、起こることで
感じるべき感情や考えることが
できなくなることは
相手の魂の学びを奪うことにもなりかねません。

それは魂を磨き合うもの同士
決してしてなはらないことだと
私は思います。
せっかく学ぶ機会があるのに
それができないなんて
なんてもったいないことでしょうか。

断ることや終わらせ方を
まっすぐで正直な気持ちで行うことで
無駄な後悔や
つまらない自尊心を満たすようなことは
なさらないでくださいね。

断りは勇気を持って
正直に行動してください

必ずそこで起きることが
あなたの大きな学びとなりますように。