東京・八王子 魂の目的を知ると人生がどんどんうまくいく!スピリチュアルカウンセリングの《アタラクシア》仕事、恋愛、結婚、家庭、子育てなどのお悩みを、あなたが生まれてきた本当の目的を知ることで解決します。男性もお気軽にどうぞ!
  1. 梅雨子観音⭐︎日記
 

梅雨子観音⭐︎日記

2017/05/20 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》
〜独女の告白 結婚って本当に必要?

ライターの福田恭子さんがかいた


今や女性も自活して自分の人生を生きることを求め・周りからも求められ
「結婚してお嫁さんになる」なんていう
夢を語るのが恥ずかしくなる時代
自活はできても、自立できているかといえば
そうではなく、どう生きていくことが正解なのか
迷いながら、毎日を過ごしている女性が多いと感じたいたところのこの記事
やっぱりそうなのか。
と思わせられました。

独身女性を「独女」と呼ぶ言葉ができるほど
ひとりで生きる女性が増えたということなのでしょうけれど

男性はひとりでいても「独身貴族」なんてちょっとすてきな呼び方をされたりして
ひとりでいることを、肯定されるのに
女性がひとりでいることには
どうしてこうも、否定的な見方をされてしまうのでしょう

なんだかんだといっても
社会は、男性優位ですし
女性は、子孫を残すということにも
期限があります。
いまだに、「結婚」するということは
あ・た・り・ま・え
「結婚」が女性の幸せと、幼い頃からまわりのおとなの価値観をおしつけられたりして
それで苦しんでいる女性はとても多いと感じます。

先日セッションに来てくださったかたも、そんな思いをわたしに話してくださいました。

「結婚しようと思って、婚活しているんですけどうまくいかないんです」

「そうなの?結婚したいんですか?」

「もう30代だし、親も心配してるし、さみしいんです。」

「だけど、あなた《自由》になりたいんですよね?」
← これは彼女のガイドさんからのメッセージをわたしが通訳しました

「!! そうなんです!自由になりたいんです!」

「あなたにとって、結婚は自由になれるってことなの?」

「・・・・・違います!自由じゃないです!!」

「じゃぁ、結婚しなくてもいいんじゃない?」

「そうですよね!結婚しなくてもいいですよね!」

さっきまで、結婚したい!といっていたのにね。
やっと自分の本当の気持ちに、気づいたようです。

ガイドさんもホッとしてました。
あれこれ彼女にはメッセージを送っていたみたいなんだけれど
なかなか気づいてくれない、とおっしゃっていて。

いろんな未来があるけれど、
たましいの学びには、結婚もこどもを授かることも
自分のたましいのプログラムに入っていなければ起こらないことが多いです。
それによっての学びが必要なことがあるからです。

結局、彼女は結婚もいつかはあるかもしれないけれど
今は大好きになれるパートナーを探します、と
笑顔で話しながら、やっと羽を広げられたような開放感につつまれていました。

あなたにとって
結婚は本当に必要なの?

独女 上等!




         



続き

2017/05/20 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルなお話》
〜魂の解放には、ご注意を。

「たましいの解放」をする 
ヒーリングやセッション、催眠など。
本当の自分を感じたい
たましいを癒したい
そう思われて 
体験される方も多いかと思います。

しかし、解放しただけの状態だと
とても危険なこともあるんですよ。

自分の潜在意識の奥深いところに
接触することは
今の問題や、
たましいの課題をクリアーするために
必要で
手っ取り早いことももちろんあるでしょう。

だからといって、
安易な気持ちで取り組むものではないのです。

なぜなら
生きてきた中ですでに、色々経験してきていて
自分の軸
(たましいのクセや、思考のクセ、
自分の問題点をすでに分析できていて、
自分の問題点が把握できている)
がしっかりある人は、
心にアンカー(碇)があるので
解放された後も、気持ちがぶれたり
問題の解釈を自分勝手にすることなく
目的の問題解決にむけて 
思考をめぐらし行動できますが

多くの問題を、今まで
自己責任で考えることをせず
他人のせい、環境のせいなどにして
自分のこととして
捉えることができなかった人たちは

解放されると、まさにその開放感で
  • 自分はどんな人間なのかわかった!
  • わたしがわたしを許すんだ!
  • そうだ、ありのままをうけいれよう!

なんて、言い出すのです。

そして、自分勝手な解釈で
たとえば
「わたしあんなことも、こんなこともできないけど、
それが自分なんで、
みんなこんなわたしを受け入れてね♡」
って、「ありのまま」を「そのまんま」と解釈し、
変化しないことを肯定したり

「自分はこんな人間です!」
と、自分に勝手にラベルをつけて
「これはわたしらしくないので、やりません。」
などと、
自分を向上させるための考え方や経験を
自らたちきってしまい、
可能性を無効にしたりしてしまいます。

たましいの解放は 自分を癒すことが目的なわけですから
「ゆるし」がテーマなのだとはおもうのですが、
自分を許しますっていうのは
今後の自分を変えない
(変化を拒否して今のままでいる)
ということではないんですよ。


「たましいを解放」することは、
目的ではありません。

あくまで、
解放はスタートラインなのです。

自分が本当は何者なのか、感じて 受け入れたなら
そこから、今後どんな自分になっていくのか
どんな自分になったら、どんな考え方ができるようになれば
心が苦しくなったり、なやんだり、もやもやしたるすることなく
生きていけるのか。
生きやすくなるのか。
考え 行動に移して実行していくことが必要なのです。

そこに立ち止まって 
より良くなろうとは思わないのなら
そのまま、ありのままの自分と 
ずっと抱きしめあって、
慰めあっていればいい。

しかしそれは
とても、もったいないことだと
わたしは思うのです。


そうはいっても、
その解釈が、自分勝手なものになっているのか、いないのかは
自分だけで考えていても、判断はなかなか難しい面もあります。

そんな時、導く「もの」や「人」が必要です。

導くものが「スピリチュアルの真実」であり
導く人こそ「真実を語ることのできるスピリチュアリスト」の存在です。
それが あなたのたましいの灯台になるでしょう。

解釈が間違っていないか。
どんな行動をとったらいいのか
迷ったら、本物のスピリチュアリストに相談してくださいね。






続き

2017/05/20 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》
〜ステージが上がった?そんなことあるかい!!

2017年は 変革期のスタート。
今年に入って、生活環境に変化があったり
周りの人間関係が、
今までとは変わってしまった方々も
いらっしゃるのではないでしょうか。

あまりの変化に、振り回されてしまって
疲れてしまっている方もいるかもしれませんね。

自分にとって、心地よいおつきあいができる人たちと出会うと
気持ちの良いものですよね
逆に、合わない人不愉快な感情が湧いてしまう人たちと
一緒にいることは
とてもつらかったりします

不愉快な状況になったときは
お互いにわかりあうべく、話したり、
自分の考え方や対応を変えたりして
関係を整えようと努力するものですが
それでも、どうにもならないことがあるものです。

そういうことがおこると、
これはもう整理するときがきたのかと
わたしは考えます


「自分のステージがあがったから、
あの人とはあわなくなったのだ」
というかたもおられますが
そもそも、ステージに上下をつけることが、
わたしはあまり好きではありません。
というか、この世で生きる私たちには
上下がないのです。

わたしたちの魂の世界は
ピラミッド型のヒエラルキーにみえるかもしれませんが
(たしかにそういう構造にもなっているんですけれどね)
それだけではなく
もっと 多角的に横にも斜めにも
360度、広く広く広がる世界になっているんです。

ステージが上がるのはじつは 結構たいへんです
この世でいう人格
スピリチュアル的にいえば、霊格が 
徳を積んでおおきく豊かに密度を持たないと難しいのです。
しかも、それがわかるとしても
あの世に行ってからです。

ですので まわりのひとと合わなくなったとき
「わたしのステージが上がったから」
というのは
とても傲慢な考え方で
(だって、今まで付き合ってきた人は
下になったっていているんですものね)

そうではなく
違う電車に乗り換えたとか
みんなは曲がり角を左に曲がったけれど
わたしはまっすぐ行った
という程度です。

それで進む方向が違ってきたので
会うことがなくなって、
同じ空間で過ごすこともなくなったわけです。

目的地が変わったとも言えますね。

さあ、あなたは
どんな目的地にたどり着くのでしょうか

すべては 今の自分が
何を選択するかです。

何を選べばいいか
混乱してしまう時は
自分にとって何が最も大切なのか、
考えてみてください。

それがあなたの目的地への
道標になるはずですよ。













続き

2017/05/16 《多発性嚢胞腎・療養日記》
治療をはじめて丸1年 〜サムスカと二人三脚

多発性嚢胞腎の内服治療をはじめて

一年が経ちました。

 

ここ1年のブログはこちら

 

「多発性嚢胞腎というギフト」

 

「多発性嚢胞腎というギフト2」

 

「白い誘惑と赤い羨望」

 

「痛風とか 尿酸値とか 卵とか」

 

ーーーーーーーーーーーー

 

現在は、

サムスカ90mg(嚢胞腎の治療薬、利尿剤)

フェブリック10mg(尿酸値を下げる

アジルバ40mg(高血圧治療薬)

カルブロック8mg(高血圧治療薬)

リバロ4mg(高脂血症治療薬)

テネリア20mg(糖尿病治療薬)

エパデール900mg(高脂血症治療薬)

シムビコート60mg(喘息治療薬)

 

を内服・吸入しています。

 

 

先月 再評価のための腹部CTをとりまして

再診で、結果を聞いてまいりました。

 

腎臓の体積はほとんど変わっておらず

サムスカを内服している 治療の効果はでているとのことでした!

 

あー安心しました。

 

半年を過ぎたくらいから

腰の痛みも 鎮痛剤をつかわなくても

なんとか自制できる程度にはなっていましたし

腹部の膨満感も 増大しているわけでもなく

ウエストも現状維持で

自覚症状と検査結果が符合していたので

ほんとうによかったと思っています。

 

サムスカの効果はでているとのことですから

今後も腎機能・肝機能が問題なければ

飲み続ける方向です。

できれば適応量の120mgにしていきたいとの

主治医の意向もあり

一度容量をあげて、尿意の切迫感が出てしまったので

90mgで継続していましたが

再トライする日も近いかもしれません。

 

飲水は6〜7リットルを維持しています。

一年も経つと、だいぶなれてきて

自然と飲水に意識が向いてきています。

苦労があるとすれば

水を持ち歩くのはやっぱり重いです。

最近は外出時は、ミネラルウォーターを買うようにしています

持って行くほうがストレスになるので、

自販機見ると近寄っていく怪しい人です。

 

子どもの行事のときや、セミナー・講演会のときは

あえてサムスカは飲まないようにしています。

やはりみなさんにご迷惑をおかけすることもありますし

自分が落ち着かないのと

飲水がしにくいことが理由です。

 

月に4〜5日飲まないことがあっても

効果はでているようですから

飲まない日があってもうまくコントロールできているようです。

 

おくびは相変わらずありますね。

飲水量が多いので、空気を飲んでしまうのは

しかたがないとあきらめはじめています。

ただ急にでてしまうことがあり

周りの方に不愉快な思いをさせてしまうのが

ほんとうに心苦しくて、いまはそれが一番つらいです。

 

それでは

サムスカ内服 2年目突入です。



2017/05/15 何事もなかった母の日 息子に教えられたことに思いを馳せる
今年 2017年の母の日は、
なーんにもありませんでしたぁ。。

でも、去年の母の日を思えば
これはこれ、平和で良い日でした。

コレが 昨年の母の日ブログ ↓


このブログの主役、ショウさんも一年が経ち、
反抗期もだいぶ落ち着いてきました。
昨年一年は、学校もあと1日休んだら留年確定!!
なんて危機を、なんとか乗り越え(担任の先生、本当にお世話になりました)
間違いない 不登校児が
今年の4月からは
なんと ほぼ毎日ちゃんと 学校に行っております!!
もう、奇跡です!!
なにがあったというのでしょう。

よくはわかりませんが
やはり 大学進学など 将来のことを
自分なりに考えて
自分が「学校に行く」と 決めたからなのでしょうね。

私たちはたとえ親でも、お説教なんてしたところで
結局は 子どもを変えることなんてできないんです。

毎日のように学校に欠席の連絡をするたびに
先生に(母である私が)注意され
毎朝「今日もいかないのか。。」という落胆と 不安と戦い
イライラしながらも
「おかーさん、今日も悲しかったけどがんばったー!」と
笑顔で伝え続けました。
ほんとうに、つらくてくるしかった。

でも、この一年は 
私が悩める方々に気づきを伝えるスピリチュアリストとしての仕事をするのに
最も大切な ことを とことん 学びました
息子をとおして 教えていただけたのだと思います。

人を変えることはできない
人は自分で気づき 自ら変わろうと思い
行動した時にしか 
変われないということ

母の日に 息子に感謝を
ありがとう















続き

2017/05/15 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》
〜自分を満たすってどういうこと?


わたしは、見えないものや、コトをあつかう仕事にもかかわらず

 

とにかく 疑い深い

そしてあまのじゃく

 

スピリチュアルを科学で解明するべく

今でも、日夜努力中だし

できるだけ、みなさんにわかりやすく

この現実の世界を生き抜くために

必要で具体的な方法を

スピリチュアルの真理に基づいて

お伝えしつづけているつもり。

 

なので、

フワフワしている 考え方も やり方も

好きではありません。

(この時点で、

スピリチュアリストらしくないといわれるんですけどね)



以前参加した「ヒーリングフェアー」で

 

「前世で、中世の魔女の森で会いましたよね〜♡」

 

といいはなった、

クリスタルヒーラーだかエンジェルリーダーだかの女性に出会い

 

ヒーリングをやってもらいました!!

 

この時点で、すでにわたしの地雷をいくつか踏んでいるヒーラーさんですが。。

 

こちらがその時に感じた事をしるしたブログ

  ↓

わからないならわからないって言ってくださってよくってよ♡



今回の記事は 決してヒーラーさんをディスるつもりなのではなく

いや、少しそんなとこもあるかもだけど(ごめんなさい)

 

わたしもいわれた!

そして、おそらく 

ヒーリングやら占いやら、チャネリングやらを

受けた事があるヒトなら

一度は言われたであろう

 

「自分を癒して愛してあげて♡」

「自分を満たしてあげて♡」

 

という言葉に 着目してみましょう。

 

さて、そういわれたみなさん。

「んなこといったって、どうすりゃいいんじゃい!!」って

なりませんでしたか?

 

わたしはなりましたよ。。

で、具体的に なにをしたらいいですかって

聞きましたよ。

 

そしたら

「じぶんのココロとカラダの声に、耳をかたむけてね。」

との、お答え。。。。。

 

なんじゃ!そりゃぁああああ!!

 

だーかーらー

具体的にって、いってんじゃん!

 

ということで、

じぶんで考えてみましたよ。

 

「癒す」ときくと

みなさん、マッサージやらエステやらおやすみやら

そういうことを思い浮かべやすく

実際にそういうことで癒そうとするのですが

 

残念ながら、エステなどでは癒されることはありません。

 

なぜなら

人に癒してもらおうとしているから。

 

ヒーリングも

「わたしが癒します」っていってるのは

ちょっと違うと思っています。

人が宇宙や自然のエネルギーの媒介者になるならわかるのですが

「わたしがあなたを」って

どんだけ偉いんですか??てはなし

 

どんな時も、私たちはじぶん主体です。

 

「癒す」とは、

じぶんでココロとカラダをゆるめることなんですよ。

 

具体的には、自分が楽しくてワクワクすることをみつけて

それをやるということ。

絵を描くとか、何かつくるとかもいいですし、

旅行とかパワースポット巡りとかね。

 

じっとしていなくていいんです。

行動してくださいね。

そのほうが、ゆるむんです。癒されるんですよ。

 

よく緊張しているヒトに

「もっとリラックスしてくださいね」と声をかけると

より一層、緊張してカチコチになってしまいます。

私たちの脳は

「リラックス」=「緊張しない」と聞くと

「緊張する」というコトに、より意識が向いてしまって

どんどん「緊張」してしまうんです。

 

でも「緊張してもいいんですよ。集中力が増していきますね」

なんて声をかけたり(意識の思い変え)

一度 意識的にカラダにめいいっぱい力を入れてもらって

筋肉に意識をもっていくことで、ココロの緊張がとれたりすることもあります

 

⚪︎⚪︎してはいけない!とおもうと

やってしまうんです。



でも 一番有効なのは

「たましいの命題に関わることをする」

ということなのではないでしょうか。

 

この世での自分の役割に取り組んでいると

ワクワクして楽しくなって

とても幸せを感じるものです。

わざわざ自分を癒さなくても

日常が 常に 満たされた状況になりますね。

 

なにかしてもらうことでもない

なんにもしないことでもない

 

たましいの癒しは

人生の目的にまっすぐにすすむという行動をすることで

まちがいなく 満たされるのです



続き

2017/05/13 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》
〜主婦が適職ってアリ!?

前回のブログ

《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》

〜適職と天職


かなり反響いただきまして

女性の場合、女であり娘であり、妻であり母であり…

役割の多さが、仕事に向き合う時に

いろいろな事を考えさせられているのかもしれないな

と感じました。


そんななか

「主婦が適職です」とお話しした

福田恭子さんが書いた記事

【リア充だけど虚しかった】

http://iamawwriter.com/2017/06/06/mayonakanotsubuyaki-1/


これを読んだかたから

「主婦が適職なんてこと、あるんですか?」

と質問をいただきました。


主婦業は結婚すれば、自然発生するものですよね。

主婦業をお給料制にしたら月に26万円ほどなんだそうですけれど、

基本無給です!!

お給料がでないことも、「仕事なの!?」という疑問に行き着いたのかとも思います。


現代では、家事を助けてくれる電化製品や家事の代行サービスも充実していて

主婦をしながら、お仕事をすることも

大変だけれど、やれるような時代になりました。


けれど、ほんの数十年前には(戦後数年までですが)

家事をすること、子育てをすることは

誰の手も借りることができず、

とにかく時間と労力のかかるものでした。

かまどで火を起こし、井戸で水を汲んで食事の支度をし

洗濯はすべて手洗い。

オムツは布だし、洗って干して。

離乳食だってすべててづくり。


主婦は、社会を動かしている男性を生活面でささえ、

将来そういう社会の一員になる子供を育てる

立派な仕事として成り立っていると、私は思っています。


適職も転職も、仕事というくくりでみなさん考えてらっしゃると思いますが

スピリチュアル的に考えると

「仕事」とは「役割」ということに他なりません。


この世界に、

自分はどんな役割を担い

貢献していくのか。


この視点が、「仕事」=「役割」には

とても大切になります。

そう考えると

お金が発生しなくても

お仕事になるということですね。


だから、主婦も天職にもなりますし

適職にもなり得るんですよ。


続き

2017/05/09 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》
〜自己満足とエゴイズム
最近はわたしにこうしろ、ああしろと
指図する人も ありがた迷惑なアドバイスをくださるかたも
あまりいなくなって
自分の道を ひた走るわたくしですが
先日 久しぶりに
「こうやったら、あなたはしあわせになれる!!」と
言ってくる人に遭遇しました。

普段は

そんなこといったって、しあわせになるのは っていうか
もうすでにしあわせなんで!!
ってなことを言い放ちたかったのですが
おとなのおつきあいなんかもありまして
その場ではいえなかったんですよね。
(そのへんのたしなみはありますのよ)

普段はいろいろはっきり申し上げますけれどね。
やんわりとお伝えはしたんですけれど
やっぱり通じなかったみたいです。

その方は自分のメソッドにとても自信があるらしく
たしかにアイディアは素晴らしいとおもいました

が!

絶対に成功して欲しいとか
これをやらないのはバカだ みたいなことをおっしゃるわけです。
???!これはちょっとちがうんでないかい?

「絶対に成功して欲しい」というのはあくまでも
あなたが期待や希望を抱いているだけで
それを必ずこうなってくれないとこまるっていうのは、
あくまであなたの思いであってエゴ以外のなにものでもない。

そうなるかどうかは
受講した人が決めることですよ
つまり わたしが決めることですよ

わたしはそんな
エゴイズムを押し付けられて
あなたの希望どうりになんて
ぜーーーーったい 
な・ら・な・い・から!


わたしたちはこの世に生まれた時点で
魂の修行が必要な凡夫(煩悩にとらわれて迷いから抜け出られない生き物)なんです。
みんな何かしらの課題を持って、生きている。
そのことは、本当に平等で、だからこそ
わたしたちの魂の価値には上下はなく
誰しもが、尊敬に値し尊重されるべき魂なんです。

それならば
自分の希望は希望として
自分で消化すべきだし

自分の希望を
よもや他人に押し付け
そこでの成功を自分のものにして満足しようなんて
言語道断!!

人を変えようとするのは
自分のエゴでしかない
変わってほしいなら
思いを投げて
あとはひたすら待つしかない
変わるのはアナタではないのだから
相手をうやまい
愛を持って
待ち続ける
たったそれだけ





続き

2017/05/06 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルのお話》
〜誕生日ってどんな日

「お誕生日おめでとう」

わたしはこの言葉をかけられると
どうもすわりがわるいというか。
しっくりこない。

あまのじゃく気質だからかもしれないけれど・・・
この世にでてきただけだし
存在を祝ってくださるのは嬉しい気もする。
難なく一念過ごせてよかったねって
たしかにすごいことだけれど

やっぱりしっくりこない

これはあくまでわたしの考え方なんですけれど、
誕生日も自分で決めてきたこと(魂のプログラム)だとすると

この世の形を成すための
肉の器(カラダ)を生み出してくれた
母への感謝の日なんじゃないかと
思うのです。

その思いに至ってから
「お誕生日おめでとう」という言葉は
だいぶ しっくりくるようになりました。

毎年、自分の誕生日には
母に電話しては
「産んでくれて、ありがとう」と
伝えることにしています。

母に感謝を伝えることで、
自分の存在も
素直に認めて、喜ぶことができるようになりました。

息子たちの誕生日は
ほんとうに
ここまで何もなく健康で、優しく育ってくれて
ありがとうと感謝だけが湧いてきてしまいます。

わたしにとって
誕生日は 親子の絆を確かめる日なのかもしれません。

皆さんにとって
「誕生日」は どんな日ですか?









続き

2017/05/02 迷いすぎてわからなくなっているのではない、わからなくなりたいから迷っているのだ
わたしのセッションを受けてくださって
大きく飛躍される方の特徴は

まずは現状を把握できていて
自分を分析できていて
こうしたいという 思い描く未来があるのに
なぜか いっぽを踏み出せない
という方たち

ご相談にいらしてくださる方には
もちろんいろんな人がいて
困っているんだから
どんなことにも 対応するのが プロだろう!なんて声も聞こえるのですが
わたしはここであえていいたい

自分のことが わからない
なんで迷っているのかもわからない
だからどうにかして、というのはおかどが違うのではないでしょうか。

これ、ひとに悩みを丸投げしているのですよね

だれかに、あなたはこんな人で こんなことで悩んでいて
こうしたら悩みが晴れますよって
いってもらったら
安心して眠れますか?

そして、それを信じて生きていくことを
依存というのです。

あなたの思考はどこにあるんですか?

悩むということは、いまよりも良くしたい何かがあるから起こる現象です
それを解決するのは 他の誰でもない あなたしかいない
悩みを解決したい
問題に正面から向き合いたい
そんな勇気と目的を持ったからこそ
いま 壁は あなたの眼下に 消えてゆくのです。

目的なき行動は
まさに あなたを迷いの森へと ただただ誘い込むでしょう

悩みすぎて わからなくなっているのではない
わからなくなりたいから 悩んでいるのです。

そう すべては あなたのおもうままに。





続き

 Ataraxia

スピリチュアリスト星野梅雨子の公式サイトです


鑑定・セッションは八王子を中心に ホテルラウンジでおこなっています。





営業時間:対面: 10:00〜18:00

定休日:不定期 (予約カレンダーをご確認ください)

サロン情報・アクセスはこちら

お問い合わせ