東京・八王子 魂の目的を知ると人生がどんどんうまくいく!スピリチュアルカウンセリングの《アタラクシア》仕事、恋愛、結婚、家庭、子育てなどのお悩みを、あなたが生まれてきた本当の目的を知ることで解決します。男性もお気軽にどうぞ!
  1. 梅雨子観音⭐︎日記
 

梅雨子観音⭐︎日記

2017/04/20 根津神社に参ろう 〜日本人として生まれた意味を知る
今年 ぜひ参拝していただきたい神社があります。
それは 根津神社

2017年は 
これからまた新しい時代へのスタートの年!

とくにこれからの時代に、
日本人である私たちが担うべきことが、はっきりと示されてきています。

西暦2000年を過ぎ、いままで男性性の時代であったわけですが
これからは、女性性の時代へと変貌しつつあります。
戦争や競争、
ピラミッド型のヒエラルキーに支配されてきた時代は過ぎ去り
協調・共生・横並びでチームとして
それぞれが個性と特異性を持って活動していく時代に入ったのです。

協調性が重要なポイントとなっているということは
察しと思いやりの精神をもつ日本人が
この世界、
そして次元に貢献するのは
至極当然に思えますね。

しかも現在の日本には、<新創世紀>と言って良いくらい、
(昔で言えば)神々や天使たち、
天使候補生が転生してきているのだそうです。

めぐり合わせとして、

日本が世界をリードしていく役割を

期待されているということのようなのです。

そしてここからが重要なのですが

魂の学び舎である地球が次元のステージアップを望んできていて

ある意味、日本が主導的にこの世界の浄化を導き

それが成功しないようであれば、

今回の文明自体が強制終了になる可能性があります。

(過去にもアステカやアトランティスなど

強制終了になった文明はたくさんあります)


どうですか?

いまのこの時代に、

日本に生まれ生きることが、なんと意味深いものか。


このことを知ったからには

あなたにも日本人としての使命があるということです。

その使命をより、強固にきざむためにも

根津神社にいったいただきたい。



根津神社は今から1900年ほど前、
日本神話のスーパースター・数々の伝説を持つ日本武尊が、
千駄木の地につくらせたと伝えられる神社です。
お祀りされている神様は

●ご祭神

【主祭神】
・須佐之男命
(すさのおのみこと)…氷川さま、荒れすさぶ嵐・荒魂を象徴する、活力・創造・災難除けの神
・大山咋命(おおやまくいのみこと)…山王さま、物事に杭を打ち要を作る、農耕・産業の神
・誉田別命(ほんだわけのみこと)…八幡さま、勝運の神

【相殿神】
・大国主命
(おおくにぬしのみこと)…縁結び・国造りの神
・菅原道真公(すがわらのみちざねこう)…天神さま、学問・至誠の神


須佐之男命は荒御魂を象徴する神様です。
荒魂とは天変地異や災いをもたらすものとして、
畏怖の念を抱かせるものですが、
その荒々しさから
新しい事象や物体を生み出すエネルギーをもっている魂とされて、
新魂(あらたま、あらみたま)とも通じるとされています。


新しいことを始めたい、生まれ変わった気持ちで
これからを過ごしていきたいと考えている方には
ぴったりの神社だと思います。

自分の精神も高めることはもちろん、
社会に貢献したいとの思いをお持ちの方には
大国主様もお祀りされているので
そこも応援していただきましょう

日本人としてのアイデンティーを感じていただき
これから誇りを持って
過ごすことができるはずです。




続き

2017/04/17 イライラは感情のささくれのようなもの
長男が最終学年になりました。

不登校児だった彼を、編入させてくれた学校。
見守り続けてくださったおかげで、
彼はずいぶん大人の階段を登り、
将来を見据えた考えのできる人に成長したように思います。

そんな学校に恩返しのつもりで、
クラスの委員をひきうけたのですが、
一緒に委員になったお母様の態度に、ちょっとモヤモヤ。

初回の委員会に
「仕事だから、出席できない」とおっしゃる。

そりゃ、仕事なら仕方がない。
かもしれないけど、自分で立候補したわけだし、
委員会があることぐらい承知していただろう。

予想できたのではないか?というのと、
そもそも「仕事」を当たり前に盾に取ることが私には解せない。

委員をやるときめたら、自分の都合ではなく、
もっと広義な気持ちを持って、
参加して欲しいと思うのはおかしいだろうか。

どんな仕事をしているのかはしらないが、
あなたがいなければ仕事がまわりませんなんてこと、
いいかたはなんだがそんなにありませんよ。

誰か代わりはいる。

「仕事で」という人のほとんどが、
自分が会社にとって必要な人間なんだと主張しているように感じる。
どれだけ自尊感情が高いというのだろう。
それは周りに認められたいという、
自己満足に過ぎないのではないはないのですか?

自分の代わりはいない。。
そんな妄想をわざわざわたしにみせつけないでいただきたい。

やるときめれば、道はつくものです。

これが意思のチカラであり、
この世が私の思うようにできているということだ。

それを、知識としてももたず、
認知もしていないことに、
ついイラだって、
モヤモヤしてしまいました。


わたしもまだまだですね。。

でも、こうやって
心に引っかかるささくれのような感情を
そのままにせずに、
一体どうしてこんな気持ちになるのかと
どんな時も、向き合うようにしています。

ちょとした不愉快な感情は 無視しやすいものですが
それも積もり積もれば
捨てたはずの感情のゴミ箱から 発酵して飛び出すかもしれません
それは 掃除しにくく こびりついて剥がれなくなることも
多い気がしています
そうなる前に、きちんと感情を心の引きだしに片付けることが
大切なのかもしれません。


続き

2017/04/17 生まれたときからみんなそれぞれ守護してくださる神社があるのです
パワースポット巡りがブームになってから、
皆さんいろいろな神社に詣でたことがおありでしょう。
神社は日本各地にありますし、
目的にあわせて神社を選んだりして。

受験なら天神様とか、
勝負事のお願いなら八幡様とかね。

日本には八百万の神様がおいでになりますから、
わたしたちはお参りしたり、
てをあわせることを自然にやってしまっていますよね。
こういうところ、
わたしは大好き!

そんなふうに、
生活にとけ込んでくださっている神社ですが、

じつは、お参りする神社にも格付けランキングのようなものがあって
自分に身近な神社からお参りしていかないと
お願い事がなかなか通じにくいということを
ご存知ですか?

よし!
気合い入れて大きな願い事するから
伊勢神宮に行って天照様におまいりしとくか!!って、
伊勢に行っても、
いきなり会社の社長にプレゼンするようなもので、
聞いてもらえないこともあるらしいのです。
(特に伊勢神宮は日本の神社の最高位でらっしゃいますから、
自分の願い事よりも、
生きることへの感謝や大きな大義の願いをしましょうね。
世界平和とか、みんながしあわせになるような願いです)

もともと、日本の神様は「型」お好きで、
順番や作法がちゃんとしていないと、
受付すらしてくださらないこともあるくらいです。
本気のおねがいならばこそ、
神様も自分の身近な神様から、
順番にお参りして、
お願いを聞いていただく必要がありますね。

そこでまず、お参りしなくてはいけない神社。
それは「産土神社」「鎮守神社」です。


「産土神」さまとは
説はいろいろあるようですが、
自分のたましいがお母さんのおなかに宿った場所で
担当が決まるそうです。
土地の守り神で、
その土地で誕生した人の一生を守る守護神になります。
そして、死ぬまでかわりません。
ずっと見守ってくださるのだそう。

「鎮守」様は
土地や建物の守り神様です。
今自分が住んでいる地域の守り神様のこと。


さて あなたの「産土神社」「鎮守神社」はどこなのか?
知りたいですよね!
これは自分で調べるのは、なかなかむずかしいのですが、
ご自分で調べる場合は、神社庁にお電話すると教えてくださるそうです。
「産土神社の調べかた」で検索するのも、ありですよ。
かなり詳しく載ってるサイトもあります。

でもわたしは産土神社鑑定士さんにお願いして、
探していただきました。
その方は、神社を探してくださるだけではなく、
神様に届くお参りの仕方までおしえてくださって、
わたしも目からウロコでした。
そのお参りも仕方をさせていただくようになってから
いろいろなことが、スムーズにすすむようになったとおもいます
神様に気持ちが通じやすくなったということなのでしょうか?

ここで勝手にわたしがお願いした鑑定士さんをご紹介することはできないのですが、
イベントやセッションでお会いした方には、
ご希望があればご紹介いたします!

ちなみにわたしの産土神社は、台東区根津にある「根津神社」
鎮守神社は八王子の「多賀神社」です。

みなさんも 自分の守護をしてくださっている神社をもし知る機会があったら
今まで見守ってくださった、感謝をお伝えしに
お参りに行ってみてください。
きっと 願いの叶いかたが、かわってくるはずです。



続き

2017/04/14 《ネコでもわかる 間違いだらけのスピリチュアルな話》
〜スピリチュアル的「タダほど怖いものはない」の真実
「タダほど怖いものはない」なんて、よく使っていますよね。

無料のサービスを受けると
心理的に「してもらった」という恩を感じてしまい
高額なものを買ってしまったり
行きたくないのに誘いを断れなくなったり
実際お金が動くこともあれば
精神的な負担を怖いと表現することもあるかもしれません。

しかし
本当のこわさを ご存知ですか?

私たちは物やサービスの価値を
お金という物質的なものの「信用」によってやりとりをしていますが
それはこの世が物質界のため、目に見える形がそうなのであって
じつは
《徳》と言われる宇宙貯金
スピリット(魂)間のエネルギー交換をしているのが本質
だとわたしは考えています。

つまり、言葉や思考・行動にもとづく
様々な感情もエネルギーですから
目には見えなくても、人同士で相互にやりとりをしています。
お金にも「信用」やら「愛」やらのエネルギーが乗って
やりとりをしているということです。
よく金一封を「お気持ち」とか「寸志」といいますが
そのとおりだと思います。

そう考えると、タダ(無料)の場合
サービスした側は、お金をもらわないわけですから
何かしらのお金に変わるものをやり取りすることになります。

無料でラッキー❤️と思ってそのサービスをうけてしまうと
お金の代わりに《徳》を支払っているのです。
しかも お金はその時のものですが 徳は今まで輪廻で獲得してきた様々な感謝などのエネルギーで
自分になにか本当に困ったことが起きた場合 それを回避することにも使われる 大切なものです。
(たとえば大きな事故が起こる飛行機に、タクシーが遅れて乗れなかったため助かった、なんてこともあります)
でも お金に載せたエネルギーのやり取りがない場合 徳をお金の代わりにしはらうしかないわけです。

路上でもらうティッシュやアメちゃんくらいなら エネルギーも少量ですから 問題ありません。
しかし 仕事となるものを無料でやってしまうというようなことが続いていくと 相手の徳をどんどん取っていくことになってしまいます。
そして 徳がやり取りされていることを知らず わたしは無料でやったんだからわたしは損をして向こうは得をしたのだなどと
感謝も持てないようなことをしていると わたしのように身体をこわしたり 家族にアクシデントが起こったりしてしまうこともありますよ。

どんなものも 対価(それ相応の価値)があります。
そのやり取りが 等価値でない場合 どんなかたちでも バランスを取りに来るのです
私たちのたましいは どんなときも「中庸」をめざし プラスマイナス ゼロ になるようになっているんですね。

いかがですか
「タダほど怖いものはない」
こんな考え方もあるんですよ。

これからは見えない得をいただくのではなく ちゃんと対価と同等なお金をいただくことで お互いにサービスの価値を認め合ってくださいね。



あなたのたましいの価値を知るお手伝いをいたします!


◆ セッションのお申し込みは こちら



2017/02/06 三囲神社のここを見よ!!
節分も過ぎて 本当の新年がやってきました!
あけましておめでとうございます❤️

新年 初投稿は 
お仕事 
とくにお商売をしている方にはオススメの神社をご紹介いたします

浅草の三囲神社(みめぐりじんじゃ)に 
お友達であり 私の信頼するコミニティープロデューサーの海藻明代さんが代表をつとめる
45歳以上の女性限定会員制コミュニティ
HSC〜Happiest Story Club の開運企画でのご縁で
会員のみなさまといっしょに、
参拝させていただきましたよ。

 
晴れ渡る空の下 
浅草線 本所我妻橋駅A4出口をでて 
スカイツリーを左手にみながら歩きます。
数分後左手に参道が見えてきました。

浅草のメインの通りから離れているせいか 
静かで慌しい感じもありません。

おかげさまで ゆっくり参拝させていただけました。

こちらの神様は御祭神は宇迦之御魂命(うがのみたまのみこと)
穀物の神様で 
お稲荷さんとしてみなさん身近におられる神様です。
お稲荷さんは お商売の神様として有名ですね。
境内にもたくさんのお狐様がいらっしゃって 
狐様なのに 垂れ目のこんこん様もいらっしゃいます。
いったらさがしてみてくださいね d( ̄  ̄)




こちらの神社には 三柱鳥居という変わった鳥居があるんです!
こちらがそう →

三本の鳥居が 合体している鳥居なのです。
こちらにあるものは 三越の親グループ三井家のあったもので
京都の木嶋神社に元々の鳥居があるのですが それは池の中に立っていて
こちらの鳥居の中心には 井戸があります。

これが まぁ とってもエネルギーがあって
鳥居の中の井戸から 空に向かって ぱーんと光の柱がのぼっているんです!
私には オレンジ色に見えたんですけど
空気がというか 空間がどんどん浄化されているのをかんじました。
だから そこにいるだけで とっても気持ちがいいんです。

そして もう一つ オススメしたいのがこの 「強運」お守り!!
「きょううん」ではなく 『ごううん』とよむんだそう。

とっても強そう!
すごい「運」をはこんでくださるやもしれません。

そうそう このお守りを授けてくださる社務所には
お利口さんで 首輪に鈴をつけた 大きなワンちゃんがいました。
おそらく こんこん様の姿代わりなのかな?
おとなしいのに 愛嬌たっぷりで 手を出したらふさふさの毛をなでさせてくれました!



こんこん様のご利益もたっぷりいただいたところで
お昼は 
「福をいただく」ということで 
ふぐちり鍋をいただきましたよ

いろいろなところで 
新しい年 始まりの年 変化の年といわれ
今まで ごまかしたり なんとなくでやってこれていたことが
できなくなる時代に突入しました。
真実と魂の課題に 
誰もが向き合うことが必要になってきたのです。
これは、私たちが生きる3次元のステージを上げるためなのですが 
変化の波は今後も容赦なくやってくるでしょう。
そんなときに、こちらの三囲神社さまは 
あちらとこちらの世界をつなげて 
参拝された皆さんに 
浄化をさずけてくださいます。
なにか変化を感じた方は 
いかれてみてはいかがでしょうか?




<<  <  10  11  12  >  >>

 Ataraxia

スピリチュアリスト星野梅雨子の公式サイトです


鑑定・セッションは八王子を中心に ホテルラウンジでおこなっています。





営業時間:対面: 10:00〜18:00

定休日:不定期 (予約カレンダーをご確認ください)

サロン情報・アクセスはこちら

お問い合わせ